生活の党 前衆議院議員:三宅雪子(みやけゆきこ)オフィシャルWebサイト
すべての人に公平な社会
お互いをいたわりあう社会
皆に居場所のある社会
生まれてきた環境で子どもの未来を決めてしまってはいけない!すべての希望する人が大学まで進学し、努力次第で公平にチャンスが与えられる...そういった社会を目指します。
2050年には「2.5人に1人が65歳以上」という超高齢社会を迎えます。福祉サービスの充実はもちろん、お互いに声をかけ合い支え合う“助け合いの社会”にしなければいけません。
男性が80.79歳(前年80.50歳)、女性が87.05歳(同86.83歳)と超高齢化を迎えた今、これからは、老後の生活が大切になってきます。高齢者の方を独りぼっちにしないなど、孤独死を防ぐための地域コミュニティーを確立します。
  2017.10.06
『ゆっこ&きっこの言いたい放題MAX!』 第45号の頭出しをアップしました

hdf.jpg


『今週の言いたい放題』 2017.10.4

「極右政党『希望の党』は安倍政権の補完勢力」


きっこ
安倍晋三首相の「加計学園疑惑隠し解散」による衆院選が「10月10日公示、22日投開票」に予定されていることを踏まえて、年内の新党結成を進めていた東京都の小池百合子知事による通称「小池新党」の設立も急加速し、9月27日には小池都知事が側近の若狭勝衆議院議員や民進党を離党した細野豪志衆議院議員など14人の国会議員を従えて、国政新党「希望の党」設立の記者会見を行ない、自身の代表就任を発表しました。小池氏は「しがらみのない政治、大胆な改革を築いていく。日本をリセットするために希望の党を立ち上げる。今、この時期に日本をリセットしなければ、国際間競争、日本の安全保障などを十分、守り切れないのではないか」と述べ、「希望の党」について「寛容で改革の精神に燃えた保守の新しい政党だ」と説明しました。しかし、その前に、都知事就任以来ずっと国政への進出を否定してきた小池氏は、これまでの自身の発言や姿勢との整合性を取るため、前々日の9月25日に臨時記者会見をひらき、国政新党「希望の党」を設立し、自身が代表に就任する考えを前もって示しました。わずか4日前の22日の定例会見では、国政新党の代表への就任について「それはないですよ」と明確に否定していた小池氏ですから、完全に都民を騙したことになりますね。

ゆっこ
当初は、若狭勝さんが中心となって新党設立を進めていて、そこに民進党を離党した細野豪志さんが合流するという形を取っていて、あくまでも小池さんは一歩距離を置いているという演出をしてきましたが、9月23日に若狭勝さんが新党の党名を「希望の党」だと発表した時点で、私は「ああ、これは小池さんが代表に就くんだな」と確信しました。小池さんは昔から「希望」という言葉が大好きで、昨年秋に設立した自身の政治塾の名前も「希望の塾」でしたし、今年8月の読売新聞のインタビューでも「国民が政治に絶望しないことが一番重要だ。だから私は『希望』という言葉を大事にしたい」と熱弁していましたからね。事実、9月25日の臨時記者会見で小池さんは、「(若狭さんと細野さんには)綱領や政策を積み重ねていただいていますが、いったんリセットして、私が新党を立ち上げます」と宣言しました。

続く・・・


配信申込はこちらからお願い致します!

  2017.09.30
『三宅雪子通信』最新号が完成しました


sdfasdfsdf.jpg


☆スペシャルサポーターズ(月5,000円年払い50,000円)
☆スペシャルサポーターズJrA(月2,000円年払い20,000円)
☆スペシャルサポーターズJrB(月1,000円年払い10,000円)

注:月払いの場合も1年のご契約となります。

  2017.10.17
今日は、東京12区の共産党の池内さおり候補の演説をツイキャス配信しました

素晴らしい候補者です。今日も元気一杯でした。同じく共産党の山添参議院議員も応援に駆けつけておられました。頑張って下さい。

sdfgdsdf.jpg
sgsdegsf.jpg

  2017.10.14
今日は「三宅雪子チャンネル」の収録です

fdgsdfsgf.jpg
詳細は追ってご案内させて頂きます。

  2017.10.12
『国民投票のルール改善を考え求める会』に出席しています

dsfgdsf.jpg

政府主導の憲法改悪を許しません。又、国民投票は公正なものでなければなりません。

  2017.10.10
公示日の10日は海江田候補の応援へ

dgsdgsdg.jpg

枝野代表が駆けつけました。

  2017.10.03
立憲民主党、枝野代表をツイキャス配信しました

有楽町まで自宅から自転車で、いざ出陣!
hjff.jpg


fghdfh.jpg

枝野代表「選ばれた多数が全てを決めるのは民主主義ではない。みんなが納得できるようにできるだけ話すのが民主主義。納得のプロセスが多数決。今の多数派議員はこのプロセスを脅かしている。」

  2017.10.02
『イッシン山口(週刊朝日元編集長山口一臣)とユッキーナの政局チャンネル』

10月2日の電話インタビューは、水のジャーナリストの橋本淳司さんでした。
テーマは「水と災害と生活」

不具合いで、ツイキャスに切り替えでした。申し訳ありません。
gfgffg.jpg

  2017.09.11
『イッシン山口(週刊朝日元編集長山口一臣)とユッキーナ(三宅雪子元衆議院議員)の政局チャンネル』

今回の電話インタビューゲストは外交評論家の天木直人さんでした。ありがとうございました。


dasdasd.jpg

  2017.09.06
『ゆっこ&きっこの言いたい放題MAX!』 第41号頭出し

              意外な意外な組み合わせのコラボメルマガ

             『ゆっこ&きっこの言いたい放題MAX!』

みなさん、こんにちは!
改めまして自己紹介です!
今後ともよろしくお願い申し上げます。

ゆっこ(三宅雪子)・・・魚座B型。テレビ局勤務を経て、2009年群馬4区で民主党から立候補し、比例復活当選。2013年7月参議院全国比例代表選挙惜敗(2位)。現在無所属。現在は、執筆やネット配信、福祉や介護のアドバイザーなどをしながら政治活動を続けている。趣味は、読書(ノンフィクション)と海外ドラマ鑑賞など。

きっこ(本名非公開)・・・蠍座A型。フリーのヘアメーク・アーティスト。趣味は俳句と競馬とプロ野球のテレビ観戦。大嫌いなものはゴキブリと自民党とジャイアンツ。

コンテンツ
『今週の言いたい放題』
『今週のキッコゲリオン』
『ゆっこの秘密基地』
『きっこ温泉(源泉かけ流し)』
『ゆっこの溜息』
『きっこの吐息』
『はみだし雑記』

【警告】当メールマガジン内に掲載されているすべての文章、画像等の無断転載、転用を禁じます。
すべての文章、画像等は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。
Copyright 2016~2017 Yukko&Kikko. All rights reserved. Neverreproduce or replicate without written permission.


  2017.09.05
衆議院の委員会傍聴で国会に来ています

ghdhgd.jpg
dfzsdf.jpg

  2017.09.04
月曜夜は、ニコ生『イッシン&ユッキーナ』 ゲストは本間龍さん

電話インタビューゲストは本間龍さんでした。
34534.jpg

  2017.09.03
乱流のホワイトハウス

今話題の東京新聞望月記者が推薦していたのがこれ。
日本のような馴れ合いの場でないホワイトハウスの記者会見場。
記者は記者を守る。
日本は、政府のご機嫌を取らない記者を疎んじる。

  2017.08.30
「保坂のぶとと世田谷区政をともにつくる会」に出席させて頂きました

京王プラザホテルにて。保坂のぶとさんが再選を果たされ1年、そして区長として素晴らしい仕事を始められてから5年が経過しました。これからもご活躍を応援させて下さい。
ghgf.jpg
hjk,.jpg

  2017.08.29
親の土地や資産をどう考えるか

まず、親と同居が少なくなったという現状を踏まえて、別居していた親が残した土地や家をどう考えるかという問題があります。

古い家屋で不便な場所、売却も困難、固定資産税もかかり、しかし、処分費はかかるとなり、『遺産』は『負債』になってしまうことも多いようです。

あきらかにマイナスになるのであれば、『相続拒否』という方法もあります。

では、同居のケース。

職のない(またはリストラされた)子ども(といっても中高年で年金受給前)が残された場合、頼みの綱の親の年金はなくなり、住まいはあっても維持費や生活費が払えず、困窮してしまいます。生活保護は家があったら受けにくいとは言われていますが、ケースバイケースなので相談しましょう。

最近、親の年金だけで生活していたら、親が亡くなってしまい困る・・・という人が多いようです。

空き家といえば、

私の家の近くでも、なんと14軒の空き家が最近処分されました。地価が高いとされている場所なので、先に書いたように古家を処分しても『マイナス』になることは考えにくく謎なのですが、1人暮らしの身寄りのない方が亡くなって、行政がそのまま放置となったところが多いようです。(探せば喜んで引き受ける親戚は見つかるのかもしれませんが)

東京都だけで、空き家は80万戸以上(数では全国一)。長野県民が全員移住してこれてしまうほどの空き家です。その長野県も『空き家率』は高いんですね。

使われていない土地と家。ここに東京再生のヒントがありそうな気はしますが。

吉原祥子『人口減少時代の土地問題』(中公新書)

  2017.08.28
今日月曜日定例のニコ生『イッシン山口とユッキーナ』のご報告

Uqfj9jwW.jpg
電話インタビューは労働問題に詳しい佐々木りょう弁護士でした。「アリさんマークの引越社」等、労働事件、労働問題を勉強させていただきました。

miyake_yukiko35をフォローしましょう

このウェブサイトは三宅雪子事務所が主体となり作成・運営しています。
このウェブサイトの運営には政治資金は使われておりません。
コンテンツ内で使用する三宅雪子本人のイラストの著作権は「漫画の新聞」にあります。
※転載、引用をご希望の方はinfo@miyake-yukiko.comまたは下記事務所までご連絡ください。
[三宅雪子事務所] 〒108-0074 東京都港区高輪2-16-38 秀和第2高輪レジデンス302
Tel.080-4966-8838 Fax.03-5422-8187
Copyright (C) 2011 miyake-yukiko.com All rights reserved.

 
アクセスカウンター