みやけ雪子タイトル

2015年07月08日

(三宅雪子ツイキャスインタビュー)東京新聞 佐藤記者 ③

3月3日(火)朝の「おはよう!三宅雪子ツイキャス」のインタビュー③です。

佐藤)
そうですね、今日も安倍さんも貰ってたという話が共同通信が流してましたね、共同通信の記事ですけれども。

(三宅)
はい。

(佐藤)
だから、これも知らなかったという話にするのかもしれませんけれども、ですから、まあ本当にやっぱり政府としてもう少し真摯にこの問題について取り組むなり、さっき言われたような望月さんの問題なんかも含めてですね、知っていたか知らなかったか屁理屈みたいなこと言わないで、責任とるべきところはちゃんと責任とって、今後制度改革なり補助金改革なりしっかり見直していくというのがまあ筋なんでしょうけども、なかなかそうなっていかないんだろうと思うところがちょっと情けないところですけどね。

(三宅)
はい、はい、そうですよね。
まあ今、私のところのコメントこう見ているとですね、まあ野党議員も貰っていたという報道もそろそろ始まっていて、これリークもあるでしょう、始まっているようです。
ですけど、これはもう臆せずですね、もう本当にあの返り血を浴びても追求していかなければいけない問題ですから、こういう野党側のほうのですね、話が出てきてもですね、きっちりとそれも含めてですね、やっていってほしいないう風に思っております。

(佐藤)
そう、まあ、どっちもどっちというようなまあ安倍さんなり総理安倍さんの背後にいる勢力の誤魔化しかたみたいのが、一定程度あの一般の人に訴えちゃうというところが無きにしもあらずで、まあそこは残念なところなんですけども、そこは野党もあのあんまり何か日寄らないでですね、ビシビシやってほしいなって気がしますよね。

(三宅)
本当そうですよね。

(佐藤)
まあ、今国会予算委員会なんかは、去年の通常国会なんかに比べると、やっぱりだいぶやっぱり聞きごたえがあるというか、見れる予算委員会になってきたなというのは僕なんかの印象なんですけども、やっぱり去年はまだ民主党がまだだいぶシュンとしちゃっててですね、維新とかあの辺のみんなの党とか、維新も今の維新よりももっと酷い石原さんみたいのが出てきてですね、なんか安倍さんと話し合うみたいなことやってましたけれど、あのだいぶ今回民主党もそれなりに岡田さんになって体制整えてですね、維新も江田さんなんかも出てくると、だいぶ、まあきちっとしたですね、筋が通った質問もするし、その点はまあだいぶ聞きごたえがある予算委員会になっていると思うんですよね。

(三宅)
昨日の民主党女性デーはどのようにご覧になっていたでしょうか。

(佐藤)
あの直接は見てないんですけれど、まあちょっと聞けなかったんですけども、こういうところも含めてですね、やっぱりこう民主党のほうも工夫してですね、予算委員会を盛り上げようとしているなと。
やっぱりさっき言われたように、あの後から議事録みたいのを見るとですね、やっぱり民主党もいい女性議員たくさんいるので、ここのとこどんどんアピールしてほしいなと思います。

(三宅)
昨日はトップバッターが西村ち智奈美さんだったんですけれども、本当に中身の濃いですね、質問がされていましたね。
たいへん中身の濃い質問がされていてですね、2番バッターは山尾志桜里さん、元検事ですからね、かなり望月議員の追求が厳しいものがありましたし、かなり中身の濃い質問だったなと思います。
女性議員、女性デーってもいいなと思ったわけですけども、あの実際話題性だけではなくてですね、昨日の質問内容は本当にですね、濃いものだったなと思います。

(佐藤)
自民党のほうは女性活躍と言いながら、どうも女性閣僚はスキャンダルで辞めた人もいますし、今残っている人もどうもなんかそれこそネトウヨみたいな人ばっかりで、問題があるところと言えばですね、こういう風に民主党のほうも優秀な女性議員等々を押し出せばですね、逆に言えば安倍さんの女性活躍みたいなところの薄っぺらさみたいなところがですね、浮かび上がってくるんじゃないかなと期待しています。

(三宅)
そうですね。
あの大義なき解散でですね、なんと総理自身が力を入れていた女性活躍推進法案が廃案になっているというこの矛盾があるんですけれども。

(佐藤)
まあ本人はそんなに何かちょっと新しめのことを言ってみたというだけで...。

(三宅)
本当に通すと言うよりは、それを立ち上げて、まあ結局のところは廃案になってしまっているというような事態でありまして、また今国会でね、推し進めるのかどうかわかりませんけれども、女性活用という意味ではね、まああの広い意味でね、昨日も出てましたけれども、広い意味でシングルマザーを含めてですね、すべての女性が、本当にすべての女性が輝ける社会ということをおっしゃっていますけれども、実際はそうなっておりませんから、今現在活躍されている方々がより輝くような形ではなくてですね、本当に今職が無くて困っている女性ですとか、待機児童の問題等も含めて、いろいろ仕事がしやすい環境を作っていただきたいなと思っております。

(佐藤)
そうですね、その辺、本当に与野党関係なく、やって貰わないといけない話なんで、ちゃんとやってほしいなって思っています。

(三宅)
また今日も予算委員会、9時から始まるようですので、今日の進展を見守りたいなと思っております。
そろそろ30分になりましたので、佐藤さん、本当に今日はありがとうございました、突然の依頼に関わらず。
またぜひ毎日朝8時からおはよう三宅雪子ツイキャスということで、あと夜は夜で、21時から毎日ではないんですけれども、できるだけやるようにしております。
えっと、夜だとまた違った視聴者の方々、今、ちょうど通勤途中で聴いてくださっている方、多いんですけれども、夜はまたゆっくりとした政策議論ができるかと思いますので、今度21時の回にもぜひまたあの出演してください。
あ、たいへん、あの佐藤さん、また出てくださいっていう声も多いですので、ぜひともまた今度は夜の回のほうにご出演していただけたらいいなと思っております。

(佐藤)
ではご協力させていただきます。

(三宅)
いろいろね、夜はお忙しいと思いますが、ぜひともご検討くださいませ。

(佐藤)
三宅さんもまた頑張ってください。

(三宅)
はい、頑張ります。
今日は本当にありがとうございました。

(佐藤)
はい、ありがとうございました。

(三宅)
はい、失礼いたします。


以下略

協力:hamousaさん

トップページ:Home
プロフィール:Profile
活動報告:Activity Report
お知らせ:Information
ゆっこの言いたい放題:Official Blog
雪子を応援する :Next Challenge Support
<   2015年7月   >
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このウェブサイトは三宅雪子事務所が主体となり作成・運営しています。
このウェブサイトの運営には政治資金は使われておりません。
コンテンツ内で使用する三宅雪子本人のイラストの著作権は「漫画の新聞」にあります。
※転載、引用をご希望の方はinfo@miyake-yukiko.comまたは下記事務所までご連絡ください。
[三宅雪子事務所] 〒108-0074 東京都港区高輪2-16-38 秀和第2高輪レジデンス302
Tel.080-4966-8838 Fax.03-5422-8187
Copyright (C) 2011 miyake-yukiko.com All rights reserved.

 
アクセスカウンター