みやけ雪子タイトル

2018年12月05日

参議院選挙情勢 東北 ① 秋田 訂正版


参議院選挙は特に1人区において野党統一候補擁立が遅れているようです。

(静岡新聞10月12日)
 立憲民主党の枝野幸男代表は12日、共同通信加盟社編集局長会議で講演し、来年夏の参院選に向け、32ある改選1人区で野党候補の一本化を春先までに実現する意向を表明した。同時に「与党候補に勝てるように事実上の予備選挙を行い、各地域で野党候補を決める。徹底して協力し一本化する」と述べた。
こちら

「各党の取引と見えるようなことはしない。市民が主体となって決めてもらう」市民が作った生党、立憲民主党の代表らしい言葉。

しかし、「あれ?」という前回東北で唯一負けた秋田選挙区の動き

(秋田魁新報11月25日)
立憲民主、国民民主、社民の3党県組織と連合秋田は24日、沼谷純県議(45)=秋田市選出=に来夏の参院選本県選挙区での出馬を要請した。
沼谷氏は取材に「支持者の声も聞きながら、年内に結論を出したい」と述べた。
こちら

立憲民主、国民民主、社民の3党県組織と連合秋田というのが気になります。
共産党が全選挙区で候補がいる(立候補可能けれど、調整できる状態?)ことがよく排除の理由にされますが、それはちょっと違います。
今までの流れを見てもそうですよね。

ここで気になったのは枝野さんがいう「市民」の姿が見えなかったこと。
(会合に参加していたかは不明)

(毎日新聞2018年11月25日)
立憲民主党の県連設立集会が24日、秋田市内のホテルであった。同党の枝野幸男代表が来県し「秋田での党組織の立ち上げは大きな一歩。野党第1党として安倍政治を変えていくためにさらに努力していきたい。参院選を通じて皆さんの期待に応えたい」と訴えた。
こちら

(毎日新聞11月23日)
来夏参院選 野党共闘求める あきた立憲ネット
 /秋田

市民団体「安保法制廃止、立憲主義の回復を求める秋田ネット」(あきた立憲ネット)は22日、立憲民主、国民民主、共産、社民の野党4党の県組織に対し、来夏の参院選で候補を一本化し野党共闘を求める方針を明らかにした。
こちら

「市民抜き」「共産抜き」の統一候補選びにならないようにするとが大事です。

参院選へ本気の共闘
あきた立憲ネットが総会 4野党あいさつ(赤旗12月3日)
こちら

4野党。国会議員は今回参加しなかったんですね。

今回の自民党の候補は中泉松司議員。
2013年の差は6万6千以上でしたが、共産が出ていない2016年は53,531票。十分狙える選挙区です。2017年の衆議院比例票で見たらほぼ変わりません。その衆議院の比例票もどこまであてになるのか未知数です。なんだかんだ言っても「期待値」があった希望の党。衆参同日になった場合、希望(国民)失速分をはたして立憲が取り込めるのかわかりません。

秋田の野党系候補は、鈴木ようえつ氏、松浦大伍氏、緑川氏と「元地元アナ」が多いんですね。元巨人の石井氏も2010年に続いて2016年勝ちました。知名度が大きな要素だとわかります。正直石井議員は、6年間国会では目立った場面はありませんでした。秋田県人としては複雑です。

祖父(石田博英)は、国政では活躍して、通算9回。官房長官2回運輸大臣1回労働大臣6回つとめさせて頂きました。戦後の労働行政は、まさに一回も落選させず、国会で祖父に存分に仕事をさせてくれた秋田の皆さんのおかげなのです。

現在、秋田には、イージスショアや人口減、そして現在762円(10月から24円アップ)という最低賃金など様々な課題があります。

「イージスアショア問題」が、次期参院選で与野党激突の焦点になる!?
https://hbol.jp/180197
(ハーバー ビジネス オンライン)
横田一

この記事は第2弾が3日出ています。

この件を争点にすることがどうなのかは意見がわかれるでしょう。
「オール沖縄」ならぬ「オール秋田」?
すでに基地がある沖縄。前知事の逝去、そしてスター性のある後継。

秋田はまだ来るかイージスアショアがくるかどうかわからない候補の段階。地元の温度はどうなのか。取材してきたいと思います。数人に「秋田に演習場あったっけ」と言われ、
市民と国会議員の温度差も確認しなければ。

補足。3日~4日になって枝野さんが無所属でなく、立憲からの場合は公認でとう難しいことをおっしゃいました。統一候補は無所属だから票が入りやすいわけですが、所属が曖昧なのはよくないという枝野さんの意見を理解できます。今後の調整ですね。


(参考)
(平成30年1月22日)阿部知子さん(立憲)が出した
イージス・アショア二基導入の閣議決定に至る経緯等に関する質問主意書と答弁です。こちら


人口減少。過疎。全国ワーストの最低賃金。自殺率日本一。課題は多くあります。

オール秋田。スタートがどうだったのでしょうか。

参考:連合秋田
http://www.rengo-akita.jp/

以下引用です。

「連合」(日本労働組合総連合会)は、1989年(平成元年)に、結成された労働組合のナショナルセンター(中央労働団体)です。加盟組合員は約686万人。スケールメリットを生かして、全ての働く人たちのために、雇用と暮らしを守る取り組みを進めています。
 
 
連合秋田とは?
「連合秋田」(日本労働組合総連合会秋田県連合会)は、「連合」の地方組織として、秋田県内の32の産業別の組織が集まり、約5万人の組合員で組織する県内最大の労働組合組織です。

(秋田立憲ネット)
https://blogs.yahoo.co.jp/akita_rikkennnet

人気ブログランキングへ


政治ランキング

ご支援お願い致します

トップページ:Home
プロフィール:Profile
活動報告:Activity Report
お知らせ:Information
リベラル戦闘宣言:Official Blog
雪子を応援する :Next Challenge Support
<   2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このウェブサイトは三宅雪子事務所が主体となり作成・運営しています。
このウェブサイトの運営には政治資金は使われておりません。
コンテンツ内で使用する三宅雪子本人のイラストの著作権は「漫画の新聞」にあります。
※転載、引用をご希望の方はinfo@miyake-yukiko.comまたは下記事務所までご連絡ください。
[三宅雪子事務所] 〒108-0074 東京都港区高輪2-16-38 秀和第2高輪レジデンス302
Tel.080-4966-8838 Fax.03-5422-8187
Copyright (C) 2011 miyake-yukiko.com All rights reserved.

 
アクセスカウンター