みやけ雪子タイトル

2019年02月18日

まぐまぐメルマガ「三宅雪子のこわいものしらず」2月8日VOL 180から「マスクありなし議論」

驚いて何回も見直してしまったニュースです。


「青森県むつ市は、窓口で市民と応対する職員に対し、特段の事情がないかぎりマスクをつけずに接するよう求めている。
「不快な印象を与えない」とする窓口対応改革の一つだ。
風邪の流行期となる冬場はマスク姿が多くなりがちだが、体調が悪い職員には「窓口対応をさせない」「自宅で休ませる」ことを徹底した上で「ノーマスク」を推進している」
2月6日(朝日新聞デジタル)

「マスク推奨」ではなく、「ノーマスク推奨」?

体調が悪い職員には「窓口対応させない」「自宅で休ませる」が大前提ではあるものの、「ノーマスク推奨」とは驚いてしまいます。

むつ市役所によると、市民と接する際にマスクを着用していると、表情が見えなかったり会話が聞き取りづらくなり、説明が十分に伝わらない恐れがあるというのが「ノーマスク推奨」の理由のようです。
また、市役所の窓口に訪れた市民には、本人確認のためにマスクを外してもらっているため「市民にマスクを外すように求めながら、こちらがマスクをしながら対応するのはどんなものかとも考えた」そうです。

「ノーマスク推奨」は「窓口サービス日本一」をむつ市の改革の一環として、昨年の12月中旬から始まりました。窓口を訪れた市民からは評価する声が寄せられているというのですが、私ならば風邪気味の職員とそれと知らず接触して風邪がうつってしまうことなどが気になります。

これから花粉症シーズンになります。当然マスクをつけざるをえない職員もいるでしょうから、一律にマスク着用を禁止することまではしないとのこと。

全国各地でインフルエンザが大流行しています。
感染者にはマスク着用の徹底が呼び掛けていますから、その兼ね合いも気になります。
免疫力のない小さいお子さんがいる職員などは「ノーマスク職員」と同じ職場にいるのは心配でしょう。
市はこういったケースは「ノーマスク」の例外とするそうです。
こうして書いていてもやや腑に落ちません。


人気ブログランキングへ


政治ランキング

ご支援お願い致します

トップページ:Home
プロフィール:Profile
活動報告:Activity Report
お知らせ:Information
リベラル戦闘宣言:Official Blog
雪子を応援する :Next Challenge Support
<   2019年2月   >
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

このウェブサイトは三宅雪子事務所が主体となり作成・運営しています。
このウェブサイトの運営には政治資金は使われておりません。
コンテンツ内で使用する三宅雪子本人のイラストの著作権は「漫画の新聞」にあります。
※転載、引用をご希望の方はinfo@miyake-yukiko.comまたは下記事務所までご連絡ください。
[三宅雪子事務所] 〒108-0073 東京都港区三田3丁目4番3号RIPL9
Tel.080-4966-8838
Copyright (C) 2011 miyake-yukiko.com All rights reserved.

 
アクセスカウンター