みやけ雪子タイトル

2017年02月24日

随意契約とは(ツィッターまとめ)


随意契約は「随契」とも呼ばれ、国や地方公共団体などが公共事業・備品調達・外注などにおいて、競争入札によらずに任意で決定した相手と契約を締結すること、及び締結した契約のことをいいます。

金融経済用語集- iFinance-金融情報サイト

http://www.ifinance.ne.jp/glossary/japan/jap070.html


随意契約のメリット:

競争入札よりスピーディに契約締結(一般競争入札では入札者の公募や質問書の受付があるので2ヶ月前後の期間がかかる)手続きの簡素化、小規模の事業者でも参加がしやすい。見積りを2社以上から取るべきとされている

随意契約のデメリット:

予算の効率、公平性や透明性に疑問

今回の国有地の払い下げがなぜ、随意契約だったのか。
急いでいたとしてもそれは森友学園の都合だし『2ヶ月』かかっても全く支障はない。
随意契約であっても、きっちり見積もりを取ること、それも2社以上からとることとされている。5億以上のオファー(音楽大学)を断った理由が不明です。

トップページ:Home
プロフィール:Profile
活動報告:Activity Report
お知らせ:Information
雪子の“DO MY BEST”:Official Blog
ご支援のお願い :Next Challenge Support
<   2017年2月   >
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

このウェブサイトは三宅雪子事務所が主体となり作成・運営しています。
このウェブサイトの運営には政治資金は使われておりません。
コンテンツ内で使用する三宅雪子本人のイラストの著作権は「漫画の新聞」にあります。
※転載、引用をご希望の方はinfo@miyake-yukiko.comまたは下記事務所までご連絡ください。
[三宅雪子事務所] 〒108-0074 東京都港区高輪2-16-38 秀和第2高輪レジデンス302
Tel.080-4966-8838 Fax.03-5422-8187
Copyright (C) 2011 miyake-yukiko.com All rights reserved.

 
アクセスカウンター