みやけ雪子タイトル

2016年11月08日

地域コミュニティ3

都会では、他人への声かけ、特に治安上の理由で子どもへの声かけが厳しくなっているという話を1と2では書きました。

私が住んでいる区では最近「声かけ事案」に力を入れており、ツィッターでもその日あった「危険な事例」が発信されています。

それが私から見て正直「どこが悪いの?」というものばかり。

若い男性がすれ違いざま「おはよう」と小学生(女子)に言ったとか、車の中から手を振られたとか、そういうものです。

確かに子どもを狙った事件が多く、心配になるのはわかりますが、逆に地域のコミュニティが犯罪を防ぐこともあります。

46歳、そして知的障害のある弟は、いわば年齢的、外見的、立ち振る舞い的には、区が示している「怪しい」人物そのものになってしまいます。

そこには知的(精神)障害者に対するいたわりは正直考えられません。

大人も子どもも知的障害者や精神障害者に接したことのない人からすれば「恐い」「気持ち悪い」となってしまいます。

正面切って言われたこともあります。「じっと見られて嫌だった」

とても悩ましいのですが、白金高輪の駅前にある大きな花屋は弟にとても親切にしてくれています。とにかく、従業員が全員親切なのです。お礼に訪れて、その対応に感動してしまいました。障害者だけでなく一般客にも親切です。とにかく感じがいい店です。

そのため、最近行き場がない弟はそこに入り浸っているらしいのですが、当然、あまりに頻繁だと迷惑になってしまいます。申し訳なく思っています。

悩ましいですが、不審な態度(?)は直しようがありません。地域コミュニティがなくなり知的(精神)障害者や高齢者が孤立していくことに危機感を感じています。


トップページ:Home
プロフィール:Profile
活動報告:Activity Report
お知らせ:Information
雪子の“DO MY BEST”:Official Blog
ご支援のお願い :Next Challenge Support
<   2016年11月   >
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

このウェブサイトは三宅雪子事務所が主体となり作成・運営しています。
このウェブサイトの運営には政治資金は使われておりません。
コンテンツ内で使用する三宅雪子本人のイラストの著作権は「漫画の新聞」にあります。
※転載、引用をご希望の方はinfo@miyake-yukiko.comまたは下記事務所までご連絡ください。
[三宅雪子事務所] 〒108-0074 東京都港区高輪2-16-38 秀和第2高輪レジデンス302
Tel.080-4966-8838 Fax.03-5422-8187
Copyright (C) 2011 miyake-yukiko.com All rights reserved.

 
アクセスカウンター