みやけ雪子タイトル

2015年08月19日

(三宅雪子のツイキャスインタビュー③)世田谷区長 保坂展人さん

3月11日(水)の世田谷区長 保坂区長のインタビュー③ です。

(三宅)
あ、そこの一旦減った減ったって言ったところが増えちゃうっていうわけですね。

(保坂)
はい。

(三宅)
あともう一つはね、今いいことおっしゃっている方いたんですよ。
あの子どもが増えたっていうことは、世田谷は子どもがね、過ごしやすい環境だっていうことで増えてきたっていうことで、まあいいじゃないかというコメントも今寄せられています。

(保坂)
そうですね、区内で第二子、第三子を産む方も結構多いんですね。

(三宅)
そうですよね。

(保坂)
転入が多いのかと思っていたのですけれど、意外とあのお子さんの転入というのはそんなになくてですね、むしろ子育てをしようと思って、結婚されて、世田谷に住んで、子どもをもうけるっていうカップルが多いんだと思いますね。

(三宅)
はい、昨日あの水島広子さんのツイートをねリツィートしたんですけれども、まあご友人の方がね、世田谷区から引っ越しをしようと思っていて、保坂さん区長になられて、ああやっぱり世田谷区にもう少し住んでいようと思ったという話をね。

(保坂)
それはありがたい。

(三宅)
ご紹介していて、あのこれもいい話だなと思ったんですけれども。

(保坂)
ツイートにですね、人口80万人もいるんですがと言っていただいているんですが、実はもうちょっと多くてですね、88万人。

(三宅)
そうですよね。
今、私、手元にあるんですけど、88万人のこれですね。
あの88万、すごい人数ですよね。

(保坂)
山梨県よりも多いんですね。

(三宅)
山梨県よりも、はい。

(保坂)
ただその県より多いとは言いながら、東京都の一つの特別区ということで、今大坂都構想で橋下市長が言ってますけれど、特別区っていうのはとっても権限がないんですよね、自治体としては。
今度、楽天の本社が二子玉川に移ってくるんですけど、普通の自治体だと法人住民税が相当増えますよね。
そういうことを、区民の方でも言われる方が多いんですけれども、それは東京都が全部取って、それから全部ぐるぐる混ぜてですね、55%をこう23区にこう配分しますよっていう方式なんですね。

(三宅)
じゃ、世田谷区に入るわけではないっていうことですね。

(保坂)
だから収入は限られるっていうことですね。

(三宅)
ああそういうことなんですか。
世田谷区に企業を誘致しても、それは東京都の税収になるってことなんですね。

(保坂)
企業を誘致しても税収的にはストレートにプラスにはならないですね。

(三宅)
う〜ん、ありがとうございます。
時間がないので、次のもう一点、お伺いしたいと思うわけなんですけれども、あのもう一つは空き家の問題ですけれども、ええ保坂区長、空き家の活用も本当に力を入れていらっしゃったように思います。
で、その一方ですね、国のほうで空き家対策特別措置法で、逆に空き家のままにしておくと、固定資産税が6倍になるっていうことも、この2月26日に施行されたっていうことがあってですね、この辺は区長はどのような対応をされるというか、どのようにお考えでしょうか。

(保坂)
実際に世田谷区内にも空き家が相当あってですね、戸建の空き家の中にはほとんど壁が剥がれてしまって、このままだと倒壊しちゃうんじゃないかとか、放火されたりしたら危ないよねとか、そういうのがあるのは事実なんですね。
で、持ち主がわからなかったりとか、持ち主が撤去できないってことで、それを一定の手続きで撤去するっていう体系ができたっていうことは、現実的にはやむを得ない点もあると思います。
ただ、一方で、人が住んでいる住居の中で、いわゆる周辺に悪い影響を与えていたり、迷惑を与えている住居についても、なんとかしようという声がやっぱあるんですね。
ただ、それについては、やっぱり住むっていうのは基本的には権利であって、もしその家屋をですね、なんらかの形で権力が手をつけることについては、ちゃんとした手続きを取らなければいけないだろうと思ってますね。
つまり、対抗手段がない中で、行政が決めたことはその通りに行われると、そういう体制がどんどん強化されるとですね、私はそういうことはしませんけども、要するに行政の長の権限で、この家は迷惑を与えているという風にしましたとなると、そういうものが間違って発動されてしまっては困るわけですよね。
迷惑だと勝手に決められて、家を撤去されそうになった場合に、客観的に見てそれはおかしいぞと、ストップさせる仕組みが必要だなあと思っていますね。
今、その仕組みを作ろうとしているところです。

④へ続く。

トップページ:Home
プロフィール:Profile
活動報告:Activity Report
お知らせ:Information
ゆっこの言いたい放題:Official Blog
雪子を応援する :Next Challenge Support
<   2015年8月   >
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このウェブサイトは三宅雪子事務所が主体となり作成・運営しています。
このウェブサイトの運営には政治資金は使われておりません。
コンテンツ内で使用する三宅雪子本人のイラストの著作権は「漫画の新聞」にあります。
※転載、引用をご希望の方はinfo@miyake-yukiko.comまたは下記事務所までご連絡ください。
[三宅雪子事務所] 〒108-0074 東京都港区高輪2-16-38 秀和第2高輪レジデンス302
Tel.080-4966-8838 Fax.03-5422-8187
Copyright (C) 2011 miyake-yukiko.com All rights reserved.

 
アクセスカウンター