みやけ雪子タイトル

2019年05月31日

フジテレビ全盛期の80年代に新卒入社した私の体験談(こわいものしらず)

フジテレビ全盛期の80年代に新卒入社した私の体験談
〜お茶くみは1日3回、女性の仕事
MONEY VOICE

1980年代、フジテレビが民放視聴率ダントツ首位だった黄金時代に新卒入社した経験を元衆議院議員の三宅雪子さんが綴ります。
(『三宅雪子の「こわいものしらず」』)

プロフィール:三宅雪子(みやけ ゆきこ)
元衆議院議員。玉川学園女子短大、共立女子大学を卒業。テレビ局勤務を経て、2009年群馬4区で民主党から立候補し、比例復活当選。現在は、執筆やネット配信、福祉や介護のアドバイザーなどをしながら政治活動を行っている。

同期の女子アナは河野景子さん、有賀さつきさん、八木亜希子さん
視聴率は民放ダントツ首位。フジテレビの入社試験は?
1980年代、フジテレビは「楽しくなければテレビじゃない」をキャッチコピーにバラエティ番組がヒット。視聴率は民放でダントツトップでした。人気が高かったフジテレビに私は「総合職」として入社しました。

入社前の経緯から書きます。

私は玉川学園の短期大学から共立大学に編入をしました。
当時、短期大学卒業=短卒は各企業で引く手あまたでした。
いわゆる「買い手市場」だったんですね
(反対の女性大卒は苦労したと記憶しています)

私はマスコミ希望だったのですが、短大卒の場合、事務職になると言われました
(その後中止になりました。今はわかりません)。
そのため大学へ編入したのです。

大学4年だった1987年の春「マスコミセミナー」といういわゆる青田買いの場があり、ここが事実上のフジサンケイグループ採用の1次試験でした
(その前に書類選考はありました)。
フジサンケイグループのどの社が希望なのかを書くように言われ、
第1希望「フジテレビ」第2希望「ニッポン放送」と書いた覚えがあります。
残りは

https://www.mag2.com/p/money/691539/amp


※本記事は有料メルマガ『三宅雪子の「こわいものしらず」』
2019年5月24日号の一部抜粋です。
ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試しhttps://www.mag2.com/m/0001616559.htmlどうぞ。

ご購読は、
三宅雪子「こわいものしらず」

トップページ:Home
プロフィール:Profile
活動報告:Activity Report
お知らせ:Information
リベラル戦闘宣言:Official Column
応援する! :Next Challenge Support
<   2019年5月   >
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このウェブサイトは三宅雪子事務所が主体となり作成・運営しています。
このウェブサイトの運営には政治資金は使われておりません。
コンテンツ内で使用する三宅雪子本人のイラストの著作権は「漫画の新聞」にあります。
※転載、引用をご希望の方はinfo@miyake-yukiko.comまたは下記事務所までご連絡ください。
[三宅雪子事務所] 〒108-0073 東京都港区三田3丁目4番3号RIPL9
Tel.080-4966-8838
Copyright (C) 2011 miyake-yukiko.com All rights reserved.

 
アクセスカウンター