みやけ雪子タイトル

カテゴリ » [ブログ] の記事一覧

  2019.11.17
(大量懲戒請求事件)金竜介弁護士インタビュー

弁護士への大量懲戒請求事件。ブログに煽られた読者1000人近くが150人以上の弁護士を懲戒請求した事件。そのうち東京・神奈川で7人、北海道で3人計10人の弁護士が提訴などに踏み切りました。(懲戒請求理由は全員一緒ではない)金竜介弁護士はその1人です。

続きを読む

  2019.11.14
「桜を見る会」第3回総理主催「桜を見る会」追及チーム ②

第3回総理主催「桜を見る会」追及チームの会議。少し人が少なくなった気が(何やっているのか)

与党内での「安倍おろし」の取材?

今日気になった(招待名簿の開示について)「政府として統一的に対応する」の言葉。

内閣府以外では名簿は残っていそうだけれど、廃棄されるおそれ。野党は「捨てないでくださいよ」と釘をさしていましたが、どうなりますでしょうか?

  2019.11.14
「桜を見る会」第3回総理首相主催の「桜を見る会」追及チーム①

「招待客リスト、5月に廃棄」桜を見る会 

衆院で開かれた野党合同ヒアリング

総理首相主催の「桜を見る会」は2010年の開催中止は安倍さんの独断で決まりましたが、14日も野党の政府に対する合同ヒアリングが衆院で開かれました。

黒岩宇洋衆院議員(立憲民主)は、税金の無駄遣い、私物化だけでなく、総理の違法疑惑2つを追及。

政治資金規正法違反の不記載。今回、前夜祭の会費は5000円。当該ホテルに確認すると最低でも1人1万1000円かかるとのこと。(差額は便宜供与に当たるのではないか)

少なくとも5000円集めたものが当該ホテルに払われていなければいけない。しかし、後援会の支出が書かれていない。これは不記載に当たるのではないかと。

公職選挙法違反。差額供与や寄付に当たる可能性は高いのではないでしょうか。

1時間の各議員の追及に役人は答えられず。

  2019.11.14
桜を見る会③第2回総理主催「桜を見る会」追及チーム

第2回総理主催「桜を見る会」追及チーム。内閣府はかたくなに「名簿は破棄した」の一点張り。

安倍さんの「桜を見る会」ツアーの方々の功績は?申込み用紙がコピー可だったことに驚きました。

原口議員(国民)が旧民主でも「ルール」を書いた書面を持参。割り当てに関しては認めつつ、それが常識的な範囲だったと思わせました。早くに出すことも危機管理。

1万人で推移したものが8000人増えた。この内訳を徹底調査が必要だ。日本中しかも山口で「功績のある人」が「激増」するのはおかしいでしょう。

たった「5700万円」

モリカケでもオトモダチ優遇の度が過ぎてソンタクだとされました。好き放題は2013年からエスカレート。

支持者の皆さんも議員を甘やかさなかったでしょうか?「桜を見る会」に呼ばれて、自分に覚えがないとき「これはダメなのでは?」と疑念を抱く人はいなかったのでしょうか?

総理に進言する周囲はいなかったのでしょうか?

野党の一部は少し反撃を受けて弱腰に。(私はこれに怒っているが、野党共闘のために我我慢している)

法的に問題がないものは、批判に負けず毅然と対応をして欲しいです。

4人の「推薦(招待)枠」があったから「追及する権利」がないという方は聖人君子でしょいうか?

「追及できるのは共産党だけ?」

ものには限度があるでしょう。2013年から8000人も招待者が8000人も増えました。この追及をしっかりすること。個人的にはこれからが本番だと感じます。(11月15日補足修正)

  2019.11.13
桜を見る会招待者の推薦名簿保存  ない→ある 省庁にはあった?

桜を見る会招待者の推薦名簿保存と文科相
11月13日 (共同通信)
 
「萩生田文科相は衆院文科委員会で「桜を見る会」の招待者に関し、文科省が過去に作成、提出した推薦者名簿を保存していることを明らかにした。「個人情報が多く、推薦段階の情報でもあり、明らかにできない」と述べた」

内閣府からは「ない」との回答。

各省庁は・・・?「ないわけない」が大方の反応でした。

文科省が「抜け駆け」?なんでしょうか。


  2019.11.13
「桜を見る会」②

安倍晋三後援会は、平成29年度で見ても、代表者は安倍さんでなく他者です。その他の政治団体にチェックされています。(補足)一方、国会議員関係政治団体であり、安倍事務所が届けているとも。これは確認しています。

仮に第2号団体(後援者が推薦する候補のためにつくったもの)であったとしても、「前夜祭」の主催がこの後援会で、収支が記載していなかったとしたら違法である可能性が高いと思われます。

(補足)安倍事務所は総務省と当道府県の選管6つ届け出があったようです。
(安倍晋三後援含む?)

https://openpolitics.or.jp/pdf/
350405/2017.pdf

政治家が代表を務めていたら普通はアウトでしょう。今はわかりませんが、2017年度はある業界が安倍さんを推薦(支援)する政治団体もありました。
(当初安倍さん関係の政治団体が8つと言われているのは、そういうものも入れてのようです)

政治団体からの寄付。パーティ収入など。(しかし、前夜祭の記述はなし)

この政治団体住所が安倍事務所と一緒であれば、と収支報告書の代表、会計責任者として連ねている人が安倍事務所の人間であれば、疑惑は深まります。

〒750-0066
下関市東大和町1-8-16 (安倍晋三事務所)
(議員便覧記載以外)安倍事務所はいくつかありその1つと(補足)テレビで報道されている安倍晋三後援会は同じ住所のようです。

  2019.11.12
(インタビュー)立憲民主党 杉尾秀哉参議院議員

「桜を見る会」追及へ。

野党合同ヒアリングが決りました。このインタビューの後、午後第1回目が開かれました

インタビュー(ペリスコープ)
https://twitter.com/miyake_yukiko35/status/
1194070644847067136?s=20


sugiogiin_3.jpg

  2019.11.11
「ハラスメント」指針

労働争議。企業側が労働者の「非」をあげつらうのが、傍聴ではつらい。過重労働や上司のパワハラなどー労働者がミスー上司から激しく責められる(人前または対面で)ー労働者弱るーそして、ミスが増える人増えない人いますが・・・過重労働はいいことはないでしょう。

今は、非正規やフリーの方々の相談窓口も多くありますし、1人で入れる組合もあります。悩んだら相談しましょう。かけがえのない命を落としたり、メンタル不全になる前に。日本労働弁護団(全国1700人)がいます。

ある原告が(訴訟過程で)メンタル不全になったけれど、代理人の労働弁護士の支えや励ましで勝訴したと言っていました。私が労働弁護士らを応援している理由でもあります。
三宅雪子(差別のない社会へ)

問題となっている「ハラスメント」指針は、むしろ「ハラスメント」を増やしかねないもので、問題になっています。「パワハラ」だと、無視、仲間外れ、指導とは名ばかりの罵倒、様々なものがありますが、快適な職場を目指したほうが企業にとっても最終的にプラスでは。

非正規もさることながらフリー(労働者)はさらに立場は弱いので、今回の指針で除外されないことを願います。

  2019.11.10
①マスコミ用語 ②京都市長選挙

この間、あるアカウントが立憲民主党幹部が・・・というツイートを投稿していました。

そして、続けて、その幹部が枝野代表だとして批判。

ちょっと待って。野党幹部は幹事長や政務会長では?自民党幹部の場合、2つに加え総務会長が入ります。


政府首脳は、内閣官房長官か内閣総理大臣(前者が多い)。

政府筋は、内閣官房副長官か内閣総理大臣秘書官。

政府高官は、各省庁局長以上のことが多い。

自民党首脳なら、幹事長で、枝野さんなら、立憲民主党首脳ですね。

う~ん。枝野代表もストレスフルな日々。野党第一党は叩かれがち。

京都市長選挙に、福山和人弁護士が立候補表明。府知事選挙でもめたことを思い出します。

福山和人さんは大善戦。立憲などの推薦(支援)があったら、と野党が割れて非難囂々でした。

今のところ、自公相乗り、よくて自主投票という話です。後者でないと、野党共闘に影響します。

困ったものです。

  2019.11.04
note (英訳)高齢者はなぜネトウヨにはまったか ~弁護士への大量懲戒請求事件 〈連載第3回〉公開しました

「日刊ゲンダイ」誌連載コラム
「高齢者はなぜネトウヨにはまったか」
(2019年4月5日から16回連載) の
第1回分が英訳されました。

noteで無料公開です。

→Why do the elderly
get hooked on netouyo
(online right-wingers) ?
(サポートお願い致します)

こちらから LINK

  2019.11.01
(大量懲戒請求事件)あらたな懲戒請求 北周土弁護士ツイートまとめ

11月1日は横浜地裁に行ってきました。日弁連、神奈川県弁護士会、嶋﨑量弁護士の被告裁判(10時半)と原告の弁論(11時半)

嶋﨑弁護士にインタビューしました。ペリスコープで公開しています。

https://twitter.com/miyake_yukiko35/status/1190193907843289088?s=20

11月1日北周土弁護士ツイート。


「#不当懲戒請求 に関連し10月30日の夜に新たに私のところに374通の懲戒請求書が届きました。今回は多くの人間が4種類の懲戒請求書を出しており人数としては100名弱になります。私や佐々木先生、嶋崎先生だけでなく訴訟の代理人をしてくださっている先生方のところにも懲戒請求がされているようです」

「弁護士会に対しては答弁書の提出をする必要がありますので作成に入ります。本件についても放置をした場合更に被害が拡大する恐れがあること等から対応をする必要があると考えております。負担としてはもちろん軽いものではありませんが本件は最後までやりきる必要がありましょう」

「この100人弱については従前の懲戒請求に比しても私達に対する強い害意があると私としては考えます。既に訴訟で損害賠償責任が認められている事案であること、1人が複数通の懲戒請求書を出していること、懲戒理由も当初の北朝鮮が云々というところと全くかけはなれていることから感じざるを得ません」

「そして私や佐々木先生、嶋崎先生だけでなく代理人弁護士も標的にしていることからすれば、この懲戒請求は私達の業務そのものを妨害する意図でなされたものと私としては考えております。もはや彼ら自身が標榜する「日本のため」ですらないのでしょう。私はとてもとても怒っています」

  2019.10.27
大学入学共通テストへの英語民間試験の導入

2020年から始まる「大学入学共通テストへの英語民間試験の導入」について、この間の初鹿明博議員のインタビューの後、さまざまな方から話を聞きました。

まず「大学入試センター試験」(センター入試)が廃止になり、新しい「共通テスト」2020年から始まります。

国立大学を目指すならこの試験を必ず受験しなければいけません。(私立大学も多く参加)50万人以上が受験する見込みです。

その共通テストの英語科目が現在問題になっています。あらたに民間事業者による英語試験も受けなければいけないためです。高校2年生はまず7種類ある民間試験の中から1つを選んで申し込みをしなければいけません。

高校3年生は、4月~12月までの間にこの試験を2回受けられます。

その結果を民間の英語試験事業者から大学入試センター(大学入試英語成績提供システム)に送られ、それが各大学に送られます。

試験結果の活用方法は大学が決めます。「出願要件にする、しない」「合否判定には使う、使わない」など。この曖昧さも不安要因になっています。

まだ日程や会場も決ってない事業者も多いんですね。そのため現場は混乱しています。

導入のきっかけは「読む・聞く・書く・話すの4技能」で取り入れたいということ。これまでのセンター入試は「読む・聞く」の2つでした。

(問題点)

①民間試験は7種類もあって、それぞれ試験内容、難易度、試験方法、受検料、実施回数が異なります。

②家庭の経済格差が影響します。

これまでは、大学入試センター検定料と志望大学に受験料を払うだけでした。これからは、それとは別に民間試験の受検料が必要になります。受検料は事業者によってかなり違い、一回6000円~2万数千円です。

高校生は最低2回だができたら早くから何度も受けたいと思うでしょう。しかし、保護者の経済には差があります。何度も受けれない受験生もでてきます。(困窮家庭の負担大)

③地域間格差

全国に試験会場がくまなくあるわけではありません。

地域によっては遠方まで出かけて受検しなければいけなくなります。(交通費や宿泊費がかかります)

④スピーキング

採点の公正性の確保が難しい。かつ、話せない(または吃音)など障害や病気がある受験生はどうしたらいいのでしょうか?50万人のスピーキング・テストを公平にやるのは非現実的に思えます。

⑤民間試験でトラブルなどは?もし、トラブルがあったときに適切に対処できるでしょうか?または、その報告はちゃんとされるでしょうか。

⑥利益相反はおきないか。

問題集などの対策本を販売している事業者があります。予備校を経営していたらどうなんでしょう?

高校を会場にした場合。その高校の先生たちが試験監督をすることに問題はないのでしょうか?事前に試験内容を知る可能性はゼロなのでしょうか?

と問題が多いそうなのです。
 

トップページ:Home
プロフィール:Profile
活動報告:Activity Report
お知らせ:Information
リベラル戦闘宣言:Official Column
応援する! :Next Challenge Support
<   2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このウェブサイトは三宅雪子事務所が主体となり作成・運営しています。
このウェブサイトの運営には政治資金は使われておりません。
コンテンツ内で使用する三宅雪子本人のイラストの著作権は「漫画の新聞」にあります。
※転載、引用をご希望の方はinfo@miyake-yukiko.comまたは下記事務所までご連絡ください。
[三宅雪子事務所] 〒108-0073 東京都港区三田3丁目4番3号RIPL9
Tel.080-4966-8838
Copyright (C) 2011 miyake-yukiko.com All rights reserved.

 
アクセスカウンター