みやけ雪子タイトル

カテゴリ » [ブログ] の記事一覧

  2019.09.22
2017年11月9日(こわいものしらずから)【レイプ疑惑】元TBS記者「言い逃れ」の絶対感覚、その源流とは

続きを読む

  2019.09.19
(大量懲戒請求事件)9月18日【損害に関する高裁判決要旨】

【損害に関する高裁判決要旨】

懲戒請求者の主張:弁護士会は広範な自治権があるから受忍限度で慰謝料が高額
高裁判決:以下の弁護士業務への業務妨害を認定
①全く根拠のない請求も、対応や第三者に懲戒請求があったことを知られた場合根拠のない請求である労力を注がされる
②他の弁護士会への登録替えなどできず憲法22条により保障された居住移転及び職業選択の自由という基本的人権が実質的に侵害
③懲戒請求が多数の場合、利益相反チェックの作業数が増加
 これら業務妨害に加え、見ず知らずの第三者から不当な害意を向けられるという恐怖
→ 30万円の慰謝料は正当

おめでとうございます。

  2019.09.18
(大量懲戒請求事件)嶋﨑量弁護士控訴審 不当懲戒請求訴訟で完全勝訴判決

嶋崎量弁護士 ツイート

先ほど、東京高裁11民にて、原告私の不当懲戒請求訴訟で完全勝訴判決です!(懲戒請求者らの控訴を棄却)。判決皆様、ご支援、ありがとうございました。まだまだ多数の事件が係属していますので、頑張ります!

控訴審の判決は全体の訴訟への影響も大きいとのこと。


shimazaki_bengoshi_yokohama.jpg

  2019.09.17
(ブログに煽られた読者の弁護士への大量懲戒請求事件)9月17日佐々木・北弁護士第9次訴訟 

今日は3時半から佐々木・北弁護士第9次訴訟弁論でした。

この一連の裁判では、準備書面など関連書面が、当日また突然法廷で出されることが多く裁判長にそのたび先に出すように注意されています。

また、最近

「そもそも懲戒請求は受付されていない、懲戒請求していないのだからこの提訴は無効である!」という主張があります。

今日は、懲戒請求の写しにパンチ穴があるのが証拠だ?云々。

佐々木・北弁護士の代理人は冷静に原本は弁護士会にあると答えていました。


当日出された書面の対応は次回までにとなりますから,なかなか結審にならず。

また、書面は決められた期日までに裁判所と原告に送らなければいけないことになっていますが、今日も被告選定当事者から原告に送り忘れがありました。

  2019.09.15
死ぬ前に 仏教ウェブ入門講座より

「もっとやりたいことをやればよかった」

普通の人は、死ぬ前にこう後悔します。

ところが・・・

スイレンの絵で有名な、印象派の画家、クロード・モネは、
晩年このように言っています。
「私の人生は失敗に過ぎなかった。
そして残されたなすべきことは、
私が消える前に自分の作品を壊すことだけだ」
(クロード・モネ)

文豪・夏目漱石は、晩年の随筆『硝子戸の中』で
このように書いています。
「今まで書いた事が全く無意味のように思われ出した」
(夏目漱石)

このように、やりたいことをやった上に、
才能を発揮してすばらしい結果を残した人たちでも、
臨終に後悔しているのです。


仏教ウェブ入門講座より

ああ、モネがスイレンの絵を壊さなくてよかったですね。

  2019.09.15
君たちはどう生きるか

君たちはどう生きるか。

吉野源三郎原作の『君たちはどう生きるか』

昭和12年の本です。100万部突破のベストセラー。

池上彰さんなど著名人がベタぼめのこの作品。7つのテーマを読んでみてください。

(引用)
『君たちはどういきるか』は、お父さんを3年前に亡くした中学2年生、「コペル君」こと本田潤一君が、日常生活で直面するさまざまな問題を通して、母方の叔父さんと、生き方を考えて成長して行く物語です。

仏教ウェブ入門講座より

  2019.09.15
自己防衛が過度な攻撃となる

教育学者 速見敏彦:自分を保つために仮想敵有能感を持って、他者を見下し、他者を否定する若者たちが増えていると指摘している。
~他人を見下す若者たち~講談社現代新書(2006年)

2006年は若者と書かれてる。
今は?若者はおとなしくなった気がします。

人のテリトリーに踏み込まない。無関心。
自分の存在を守るために、自己防衛をする。
その自己防衛が過度な攻撃となる。

  2019.09.15
ブログ (お勧め本)政治ジャンル②自治体のカタチはこう変わる‐地域主権改革の本質‐ 逢坂 誠二 (ぎょうせい)

2012年12月7日発行。

いまでも自治体の首長が皆見本とするのが、逢坂誠二町長時代のニセコ町政。

立候補の前、逢坂さんは職員時代に住民と毎晩のように話し合っていたそう。

ニセコ町は5000人の小さい町。そこから国会議員へ。

改革。その過程がドキュメンタリーとなっています。地域主権改革に力を尽くした様子が伝わってきます。

現在は立憲民主党政調会長。


  2019.09.15
多系統萎縮症について


ある方とツイッターのやりとりで多系統萎縮症という難病について知りました。

難病情報センターHPより


多系統萎縮症(multiple system atrophy:MSA)は成年期(30歳以降、多くは40歳以降)に発症し、組織学的には神経細胞とオリゴデンドログリアに不溶化したαシヌクレインが蓄積し、進行性の細胞変性脱落を来す疾患である。初発から病初期の症候が小脳性運動失調であるものはオリーブ橋小脳萎縮症(olivopontocerebellar atrophy:OPCA)、
パーキンソニズムであるものは線条体黒質変性症、そして特に起立性低血圧など自律神経障害の顕著であるものはシャイ・ドレーガー症候群と各々の原著に従い称されてきた。
いずれも進行するとこれら三大症候は重複してくること、画像診断でも脳幹と小脳の萎縮や線条体の異常等の所見が認められ、かつ組織病理も共通していることから多系統萎縮症と総称されるようになった。

http://www.nanbyou.or.jp/entry/221

原因不明だそうです。

お子さんがいるので、非遺伝性なことでほっとしているそうですが、
ある日突然難病になったら・・・我々も人ごとではありません。


  2019.09.15
note アカウントの作り方

「らいおん丸」@jtyODFUHbRaZzgc さんが教えてくださいました。

・Noteで検索する
・noteのサイトにいく
・新規登録のボタンを押す
・メールアドレスとパスワードを決めて入力する
・必要事項を入力する
・利用規約に同意する
・メールアドレスが無いなら
・yahoo!かGoogleかMSNとかで作る
・作ったメールアドレスを入力して
・好きなパスワードを決める
・必要事項記入する
・利用規約同意


だそうです!ありがとうございました。

  2019.09.15
(お勧め本)政治ジャンル①国会議員の仕事―職業としての政治 (中公新書) 林 芳正,津村 啓介

自民党議員と民主党議員(当時)の共著。


2人の生い立ち。経歴。国会議員を目指した経緯。

選挙の悩みや苦労。お金のぶちゃけ話。

国会の内幕や官邸内や閣僚としての経験談。

政治と官僚の関係はどうあるべきか。

そして現在の政治制度の問題点も指摘してくれてます。面白い。 林芳正も津村啓介も2大政党制派(だと思う)

政治について真面目に考えさせられるお勧めの書である。

  2019.09.13
お正月に

今の私には無理ですが、お正月を1人で迎える方に、事前に申請頂き、元旦の朝だけでも、参加受け入れしてくれる世帯とマッチングできるような仕組みがあったら(作れたら)いいな、と思います。(すでにあったら、ごめんなさい)孤独はつらい。

トップページ:Home
プロフィール:Profile
活動報告:Activity Report
お知らせ:Information
リベラル戦闘宣言:Official Column
応援する! :Next Challenge Support
<   2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このウェブサイトは三宅雪子事務所が主体となり作成・運営しています。
このウェブサイトの運営には政治資金は使われておりません。
コンテンツ内で使用する三宅雪子本人のイラストの著作権は「漫画の新聞」にあります。
※転載、引用をご希望の方はinfo@miyake-yukiko.comまたは下記事務所までご連絡ください。
[三宅雪子事務所] 〒108-0073 東京都港区三田3丁目4番3号RIPL9
Tel.080-4966-8838
Copyright (C) 2011 miyake-yukiko.com All rights reserved.

 
アクセスカウンター