みやけ雪子タイトル

日付別アーカイブ » 2018年11月19日の記事

  2018.11.19
(大量懲戒請求事件)これはカルトかカルトでないか⑥驚くべき予兆 前編

2017年初めからすでに予兆があったことは、佐々木弁護士らの事件後にだんだんわかってきました。

東京地検3万5千通(段ボール35箱分)をはじめ横浜地検1万1千通、京都地検5千通など、判明する分だけでも推定12万通以上の告発状を送っていたのです。
ブログ主はなんでもかんでもブログに書きますから
たいていのことはわかります。

差出人は、日本再生大和会です。

こちら参照

東京地検の書面の日付は平成29年(2017年)4月13日。他の地検も4~5月ですから、告発状が送られたのがおそらく年明けでしょう。(ただし、ネットにアップされた書面が本物だったらの前提です)

どの地裁にも「告発事実(犯罪事実)の特定が不十分」して受理されませんでした。

明らかに業務妨害を目的していることが明白に思えましたので、なぜこのときに各地検が動かなかったのか不可解です。この時に動いていれば今日のこの騒動を防げていた可能性があります。

返送費用がどうしても気になったという私の友人のMさんが2018年5月東京地検に電話をしました。

Mさん「一般論として告発に至らなかった告発状を返戻する場合費用の取扱いは?」
東京地検「通常は検察がその費用を負担する」
Mさん「通常以外のケースとは?」
東京地検「来庁頂く場合は直接返す」

つまり郵送ならば元払いです。こんなことに我々の血税が使われていたんですね。

告発件数を見てみると
第四次→約15万
第五次→約25万

第四次の東京だけでダンボール35箱ですが、ちなみに4グラムとはA4一枚の重さなので、告発状が複数枚にわたっている場合や添付資料がある場合はもっと重いことになります。

最低でも4グラム×15万通=600キロになりますね。

平成28年9月10日発行の「余命三年時事日記 外患致死罪」に「委任状」の雛形はありますから、この雛形で委任状を出した人の名前を主に使ったと思われます。告発状をだした日本再生大和会が委任状の宛て先となっていました。この委任状は期限なしで「外患誘致罪」の告発を委任するもので、これでは、どこに対しても告発することができてしまいます。しかも、ブログ主に個人情報を全て知らせることになります。そういう意味では、騒がれている「個人情報漏洩」がどこからなのか結局わからないのです。

この行為にまったく正当性がないのは、第四次告発状が戻ってきたときの読者とのやりとりからわかります。

読者 (第五次告発状を)起死回生策で一件でも受理したら、どうなるのか」

余命氏 「受理はない」

つまり最初から受理されないことをわかっていながら送っていながら告発しているのでです。


人気ブログランキングへ

政治ランキング

続きを読む

  2018.11.19
余命三年傍聴日記11月19日

10時45分から金竜介弁護士原告の弁論。

私は出れなかったため一階で原告の弁護士さんに話を聞きました。

被告の女性は出席したとのこと。本人訴訟です。

書類について本人が作っていないというので(しかも内容を把握していない)裁判長から非弁の可能性の指摘があったそうです。自分で書くか、無理なら弁護士をつけなさいということです。現段階で、出席した被告は、法律(裁判)用語がわからず、裁判といえない状態です。また、「チーム」が書面を作成しているということも問題です。(法的には手伝い程度(無償)は認められています)

この話をうけて今後どう事態が動くのでしょうか。

人気ブログランキングへ

政治ランキング

  2018.11.19
政党アカウント・議員アカウントの考察

政党と議員アカの研究と分析をしています。きたる参議院選挙のためです。

続きを読む

  2018.11.19
重要:法律の原案作成から法律の公布まで(内閣法制局)


内閣が提出する法律案の原案の作成は、それを所管する各省庁において行われます。
各省庁は所管行政の遂行上決定された施策目標を実現するため、新たな法律の制定又は既存の法律の改正若しくは廃止の方針が決定されると、法律案の第一次案を作成します。
 

続きを読む

トップページ:Home
プロフィール:Profile
活動報告:Activity Report
お知らせ:Information
リベラル戦闘宣言:Official Blog
雪子を応援する :Next Challenge Support
<   2018年11月   >
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

このウェブサイトは三宅雪子事務所が主体となり作成・運営しています。
このウェブサイトの運営には政治資金は使われておりません。
コンテンツ内で使用する三宅雪子本人のイラストの著作権は「漫画の新聞」にあります。
※転載、引用をご希望の方はinfo@miyake-yukiko.comまたは下記事務所までご連絡ください。
[三宅雪子事務所] 〒108-0074 東京都港区高輪2-16-38 秀和第2高輪レジデンス302
Tel.080-4966-8838 Fax.03-5422-8187
Copyright (C) 2011 miyake-yukiko.com All rights reserved.

 
アクセスカウンター