みやけ雪子タイトル

月別アーカイブ » 2017年11月の記事一覧

  2017.11.29
今日11月29日予算委員会 スウェーデン税制 

BUUさん文字起こし

大塚「総理、スウェーデンと言うのは、国税を払ってらっしゃる方は、どのくらいの割合か、これ、通告してませんので、ご存じなくても当然なんですが、ちょっとイメージで、お答え頂けませんか」


アレ「あの、国税と言うのは、あのぉ、所得税、、、あ、消費税、ではなくて、ですね、ではなくて。ちょっと、、なかなか、これ、、あ、国民全部でですか、いわば、子供から、ということ、、子供から、お年寄りまで、ということ、そうですね、3~40%くらいですか」良く頑張ったっ

大塚「スウェーデンでは、日本円で言うと、年収688万までの人は、国税払ってないんですよ。国税払ってない方は88.9%、それでも回ってるんです」

  2017.11.27
ニコ生「イッシン&ユッキーナの政局チャンネル」

電話インタビューゲストは、立憲民主党の堀越けいにん衆議院議員でした。171127.jpg

  2017.11.26
個人崇拝の怖さ

重要:今の政治の問題は・・・

政策が伴わない個人崇拝がかつてなく、広まっていること。個人崇拝の危なさは過去の歴史でわかる通り。

(個人崇拝とは)コトバンクより

かつて独裁者スターリンに対する崇拝は極端化し,彼自身とその著作はソ連国内のみならず,世界の共産主義者によって神格化されていた。

このことがスターリンの死後ソ連内で反省され,個人崇拝として非難されるにいたった。その後この言葉は,人間,すなわち恣意的,主観的なものが理論に取って代ることをもさすようになった。

現在の野党側の混乱は、Aさん(野党)とBさん(野党)という本来は同時に支持することが論理的に難しい人を支持することで論理破綻して、Cさん(野党)の攻撃という間違った方向に行ってしまっていること。

  2017.11.24
リベラル陣営のリアリズムとは

緊急対談 衆院選で問われる日本政治の新しい対決軸、リベラル陣営のリアリズムとは(山下芳生×中島岳志)

この対談、いい。

  2017.11.24
「新聞記者」 買いました

遅ればせながら・・・

  2017.11.24
「立憲主義」って何でしょうか

今さらですが、「立憲主義」とはなんぞやと議論になっています。基本のキは共有したいと思いますが、独特の物差しを持っている方もいます。立憲主義。 ひと言でいえば、時の権力の暴走(行使)を憲法で縛る、コントロールすることです。

権力行使の主体は、国家です。つまり、立憲主義とは、国家権力を憲法で縛るシステムのこ
とです。

日本国憲法は、立憲主義をとっています。

  2017.11.21
適正な国民投票を求む会議の為に国会へ

国会の会議室で国民投票の打ち合わせをしました。櫻井充参議院議員と一緒に撮影。憲法改悪を許しません。又、国民投票は公正に、適正な形で行うべきです。
dfgs.jpg


  2017.11.21
『ゆっこ&きっこの言いたい放題MAX!』 第52号の頭出しをアップしました

『ゆっこ&きっこの言いたい放題MAX!』 第52号の頭出しをアップしました

hdf.jpg


『きっこの言いたい放題』
「日本人の血税をアメリカへ上納し続ける安倍晋三というATM」

11月5日から7日までの3日間、アメリカのドナルド・トランプ大統領が来日しましたが、まるで台風が通過していったような印象でした。トランプ大統領は、大統領としての来日は初めてでしたが、今から27年前の1990年には、ビジネスマンとして自分のホテルの宣伝のために来日しています。その時、トランプ氏を接待した日本の企業が、高級な日本料理屋に連れていって和食でもてなそうとしたところ、トランプ氏はテーブルに並べられたお刺身を見るなり激怒して、「忌々しい生の魚など食えるか!」と怒鳴りつけて店を出てしまい、表通りにあったマクドナルドでハンバーガーを食べたという逸話が残っています。

トランプ大統領は、ビーフステーキが大好物で、他のものはほとんど口にしないため、今回の来日で、安倍晋三首相が銀座の高級鉄板焼き店「銀座うかい亭」のステーキを選んだのも、トランプ大統領側からのリクエストだったそうです。また、トランプ大統領は「バカ舌」「こども舌」と言われていて、どんなに高級な牛肉でも完全に火が通ってカチカチに硬くなるまで焼かせ、その上、どんなステーキにもケチャップを山のように掛けて食べるそうです。ちなみに、この「銀座うかい亭」は、現在放送中の人気ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』のシーズン5で、内神田会長(草刈正雄)や蛭間院長(西田敏行)がステーキを食べながら悪巧みをしているお店です。

さて、(続く・・・)

続きはこちらから配信申込下さいね⇒http://www.keep-on-going.jp/merumaganoo_shenshi_rumi.html

  2017.11.20
ニコ生の日

11月20日(月)ニコ生の日
「イッシン&ユッキーナ」の電話インタビューゲストは、水のジャーナリスト橋本淳司さんでした。テーマは水道法改正など。

ニコ生視聴はこちらから⇒http://ch.nicovideo.jp/isshinyuki
dfgd.jpg

  2017.11.19
三宅雪子チャンネルをアップしました

cxvbb.jpg

今回のテーマは「希望の党代表選挙」です

URLはこちらからです

  2017.11.11
三宅雪子チャンネルの収録をしました

「三宅雪子チャンネル」では政治や選挙の仕組みについてご説明しています。
URLはこちらになります

xcz.jpg

  2017.11.08
[お知らせ] 『ゆっこ&きっこの言いたい放題MAX!』 第50号の頭出しをアップしました

コンテンツ

『今週の言いたい放題』

(※ゆっこときっこが週替わりに担当します)


『ゆっこの秘密基地』

『きっこ温泉(源泉かけ流し)』

『ゆっこの溜息』

『きっこの吐息』

『はみだし雑記』


【警告】当メールマガジン内に掲載されているすべての文章、画像等の無断転載、転用を禁じます。

すべての文章、画像等は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

Copyright 2016~2017 Yukko&Kikko. All rights reserved. Neverreproduce or replicate without written permission.

『きっこの言いたい放題』

「世界唯一の戦争被爆国である日本の役割」

日本が世界に誇る平和憲法を踏みにじり、自衛隊を軍隊にして、アメリカ製の武器兵器を大量にお買上げして軍拡を進め、日本をまた戦争のできる国にするために、安倍晋三首相は北朝鮮の脅威を煽り続けてきました。そして、北朝鮮を批判する時の安倍首相は、口をひらけば「国際社会と緊密に連携して」と繰り返してきました。このような表現を連呼すれば、少なくとも国内向けとしては、あたかも安倍首相の強硬姿勢が国際的にも評価されていると喧伝できるからです。
しかし、実際に世界各国のスタンスを見てみると、北朝鮮に対して「対話より圧力」などと言っているのは日本とアメリカだけ、と言うか、安倍首相とトランプ大統領だけで、大半の国々は「対話重視」の姿勢を続けているのです。そのため、この2人だけが北朝鮮を挑発し続けていると国際社会からは見られていて、「国際社会と緊密に連携して」どころか、安倍首相とトランプ大統領だけが国際社会の中で浮いているのが現状なのです。
その証拠に、日本時間の今年9月20日に米ニューヨークで開催された国連総会の一般討論演説では、日本の安倍首相が登壇する前に多くの国々の首脳が退席してしまい、安倍首相が口角泡を飛ばす勢いで北朝鮮を批判しまくると、残っていた国々の首脳らの中からも「聞くに堪えない」と言った表情で退席する人が出てしまったのです。こうした現場での状況は、日本ではどこのマスコミも報じませんでしたが、実際に配信された映像を観ればはっきりと分かりますし、現場で取材していた米メディアの記者も「日本の安倍首相の演説はガラガラだった」と記事に書いています。
他の国々の首脳の演説の映像を観てみると、フランスのマクロン大統領の演説では会場の座席の約3分の2が埋まっていますし、イスラエルのネタニヤフ首相の演説では約半分、カタールのシャイフ・タミーム首長やイランのロウハニ大統領の演説でも3割から4割の座席が埋まっていましたが、日本の安倍首相の演説では、1列に6つのイスのあるテーブルが何列も空席のまま虚しく並んでいるだけで、たまにポツンと人が座っていて、座席の1割も埋まっていなかったのです。一体、これのどこが「国際社会と緊密に連携して」なのでしょうか?国際社会は「対話重視」と言っているのですから、国際社会との連携を謳うのであれば、まずは「対話より圧力」という強行姿勢を撤回し、経済制裁は国連と歩調を合わせるべきであり、何よりもトランプ大統領を焚き付けることをやめるべきだと思います。

続きを読む

  2017.11.01
『ゆっこ&きっこの言いたい放題MAX!』 第49号の頭出しをアップしました

おかげさまで2年目に突入の記念すべき第49号を本日配信致しました。今週号からリニューアルし、メインコーナーの「今週の言いたい放題」はゆっこときっこが毎週交互に書くことになりました。
今回は、ゆっこの番です!タイトルは、『ゆっこの言いたい放題』

きっこさん作の新しい二人の似顔絵も必見ですよ!

hdf.jpg


『ゆっこの言いたい放題』 
「ジェットコースター政局」

ゆっこ
それにしても、9月後半から始まった民進党のゴタゴタにはすっかり疲れきってしまいました。
ジェットコースター政局と言われてましたね。朝と夜で状況が違うのですから、めまぐるしい。私は、代表選挙で前原さんが選ばれてからこんな日が来ると予測していました。「共産党とは関係を見直す」「小池新党と連携を考えていく」、前原さんはその頃からこれらを口に出していましたからね。政策度外視でした。共産党の何がダメで、小池新党の何がいいのか、私にはさっぱりわかりませんでした。

小池さんおよび都民ファーストに対しては、大変失礼ですが、そこはかとない「まがいもの感」を感じていました。掲げた公約を実現できないどころか、やる気もない態度、そして関東大震災の犠牲者の方への追悼文の見送りなどもあり、「えらい人を都民は選んでしまったな・・・」という感想を抱いていました。

民進党の代表選挙では、大事な「野党共闘」に対するスタンスが曖昧なまま、前原さんが代表に選ばれました。「ALL FOR ALL」ではなく、①野党共闘 ②小池新党と維新との距離感。この2つを争点にすべきだったと思っています。なぜかというと、この2つこそが二人の大きな違いであり、また、党運営にあたって重要なことだったからです。同じ政党ですから「表向き」政策に違いはありませんし、あったらおかしいことになります。だからこの2点なんです。

続く・・・

配信申込はこちらからお願い致します⇒こちら

  2017.11.01
特別国会初日、国会に行ってきました

与野党は1日午前の衆院各派協議会で、同日召集の特別国会の会期を12月9日までの39日間とする日程で合意しました。与党内にも「(11月)8日まででは、首相が言う『謙虚な姿勢』に矛盾する」との声があり、やむなく応じたようですね。

fhj.jpg

トップページ:Home
プロフィール:Profile
活動報告:Activity Report
お知らせ:Information
リベラル戦闘宣言:Official Blog
雪子を応援する :Next Challenge Support
<   2017年11月   >
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このウェブサイトは三宅雪子事務所が主体となり作成・運営しています。
このウェブサイトの運営には政治資金は使われておりません。
コンテンツ内で使用する三宅雪子本人のイラストの著作権は「漫画の新聞」にあります。
※転載、引用をご希望の方はinfo@miyake-yukiko.comまたは下記事務所までご連絡ください。
[三宅雪子事務所] 〒108-0074 東京都港区高輪2-16-38 秀和第2高輪レジデンス302
Tel.080-4966-8838 Fax.03-5422-8187
Copyright (C) 2011 miyake-yukiko.com All rights reserved.

 
アクセスカウンター