みやけ雪子タイトル

日付別アーカイブ » 2017年5月27日の記事

  2017.05.27
国籍問題


永遠と続く蓮舫さんの国籍問題にはウンザリ。不思議なのは、私以上にご本人もウンザリでしょうから、やはりはっきりさせてほうがいいと思っています。

私は、現在は仮に、仮にですが、二重国籍であっても、問題はないと思っています。

理由は、憲法でも『除籍』は認めていますが、二重国籍の言及はありませんし、法律でも禁じられていないからです。

答えるスジアイのない私ですが、外野でさえほとほと疲れる堂々めぐりなので、時間をかけてじっくり調べてみたいと思います。」

今日のキャスで大きな誤解が判明しましたが、自民党小野田議員が公表したのは、今年5月2日付での「アメリカ国籍喪失証明書」で戸籍ではありません。2015年の10月に手続きが終っているそうですので、それから1年半かかったことになります。実は、これは早い方なんですよね。

3年かかったという話も聞きますから、アメリカの場合『州』によるのかもしれません。蓮舫さんに戸籍を見せろということがナンセンスなのは、そこには『日本国籍』としか、今も手続き前も書いてないからです。多くの人が勘違いしています。

残った疑問は、では『手続きを終えた』のか『完全に除籍をした』のかでしょう。

それは、小野田議員のように『証明書』を見せればいい話ですが、台湾と米国では全く精度が違うでしょうから、確認が必要です。

しつこいようですが、『戸籍がー』の皆さん、戸籍は『日本国籍』としか書いてありませんから、全く意味なしです。

  2017.05.27
大山会長のお話

障害者雇用で有名な『日本理化学工業』の大山会長のお話を聞いてきました。

憲法の話もでました。

第13条:(個人の尊重と公共の福祉)すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利に対する権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、②最大の尊重を必要とする。
もう一項目は、
第27条:(勤労の権利及び義務、勤労条件の基準、児童酷使の禁止)
①すべて国民は、勤労の自由を有し、義務を負う。
②賃金、就業時間、休息、その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める。 ですね。

大山会長からは、『働かしてあげている』という態度は全く、ありません。工場の空間は
とても自然で、何のトラブルもなく、淡々と作業がこなされています。

普通の工場と何の代わりもありません。

ただ、そこに勤めている従業員のほとんどは知的障害者なだけです。

トップページ:Home
プロフィール:Profile
活動報告:Activity Report
お知らせ:Information
雪子の“DO MY BEST”:Official Blog
ご支援のお願い :Next Challenge Support
<   2017年5月   >
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このウェブサイトは三宅雪子事務所が主体となり作成・運営しています。
このウェブサイトの運営には政治資金は使われておりません。
コンテンツ内で使用する三宅雪子本人のイラストの著作権は「漫画の新聞」にあります。
※転載、引用をご希望の方はinfo@miyake-yukiko.comまたは下記事務所までご連絡ください。
[三宅雪子事務所] 〒108-0074 東京都港区高輪2-16-38 秀和第2高輪レジデンス302
Tel.080-4966-8838 Fax.03-5422-8187
Copyright (C) 2011 miyake-yukiko.com All rights reserved.

 
アクセスカウンター