みやけ雪子タイトル

月別アーカイブ » 2011年2月の記事一覧

  2011.02.28
深夜国会

駅立ち後、一件用事をすませ、東京へ。
午後1時開会予定だった本会議は、大幅にずれ込み、7時スタート。
第一ラウンドが終わり、部屋に戻りました。ふう。今日は第三ラウンドまでなので、終了予定時刻は、午前3~4時。久しぶりの深夜国会です。いつものことです
が、深夜国会のあとはむなしい徒労感だけが残り、充実した気持ちには決してなりません。国会運営の在り方を考えて欲しいと切に願います。

うちのスタッフは優しく、こういう時残ってくれています。
パスタを食べるということで、現在調理中。いい香りがしてきました。

現在は予算委員会で審議が行われています。
本当に国会議員は体力勝負。閣僚になると寿命が縮まるのではないかと心配になります。

さあ、まもなく本会議、再開。

  2011.02.27
明日は禁足?

国政報告会が終了しました。
疲れたので夕食はおにぎりです。
ご心配をかけている中央の状況に関わらず大勢の方にお越し頂き、感謝、感謝です。
来賓の皆さんから必要以上に持ち上げて頂いて恐縮でした。
ゲストの細野首相補佐官はスピーチ上手とは聞いていましたが、その通りでした。私の話、国政の話、そして県議二人と市議候補一人の話もしっかりとしてくださり、きっちりポイントを押さえたしゃべりはさすがというかんじ。

石橋湛山さんが静岡出身の唯一の首相だというのは細野さんのお話で今日初めて知りました。そして私と同じく落下傘候補だったとのこと。そんなことで、その参謀であった祖父の孫である私が群馬4区から出馬することには関心を持っていたそうです。また、薬害イレッサや障がい者行政など私が取り組んでいる問題もアピールして頂きました。
また、『彼女は事故に巻きこまれ悲しい思いをしたこともありましたが、こうした姿をもっと理解をし、応援してあげて欲しい』といった言いまわしに思いやりを感じました。他の来賓の方も同様に福祉の活動を評価してくださる趣旨のお話をしてくださいました。
と書いたところで、自殺対策WTの事務局長の松岡議員に用事があったことを思い出しTEL。
WTの会議に対する有識者の意見を伝えなければいけなかったのを失念していました。松岡議員はベトナム訪問団で一緒になってから仲良くしてもらっています。
といっても、なんと最年少議員なので、私とは○○歳差!!病院にもお見舞いに来てくれ、何度も連絡をくれた心やさしい青年です。

私自身は現在の政府の自殺対策には大いに不満があります。
自殺するまでの状況に追い込んでしまった側への教育などの施策が十分でないように感じているからです。3月が自殺予防月間ということですがコマーシャルなどで自殺を思いとどまる人がいるのだろうかと疑問を抱かずにいられません。(無償で作ってくださった方には本当に申し訳ないのですが・・・)いまだ、企業でメンタルヘルス対策を取っているところが少ないのも信じられません。研修などについても提案しましたがやはり中小企業でそこまで余裕がある会社はまだまだ少ないそう。

とりあえず、目の前の課題はなくなりましたが、国会は最終コーナー。
明日は禁足のようなので、駅立ちが終わったらとりあえず、永田町に向かいます。

一体、政局はどうなるんでしょう?来週はまさにヤマ場です。

  2011.02.26
明日は細野補佐官来県です

街宣も終了し、食事を済ませ、帰宅しました。
夕食はカキフライ。
疲れるとどうしても禁止されている揚げ物を体が欲します。

喉はしんどいものの、やはり自分で直接話すスタイルが自分にあっている気がします。うちもたまにテープで街宣車をまわすことがありますが、『なんだ、本人じゃないのか』という反応もあり、必ずしも効果的でない気がします。
できるだけ自分でやろうと決意をあらたにした次第です。そういえば、今日のネットニュースで前原グループ幹部が、選挙に備えるようにと指示をしたという話がありましたが常在戦場の群馬4区はこれ以上やりようがありません・・・。今は18時半ごろ街宣も終了していますが、それ以上遅くは非常識な気もします。難しいですね。駅立ちは、新たなアイディアが\\いたので次から実践してみようと思います。

このあいだ、党本部で馬淵広報委員長の『再選力』講座がありました。実は、私はこの1年半、馬淵さんはもちろん郵政選挙で生き残った議員の研究をしたりお話を伺ったりしていたので、多くはすでに知っている話でした。ただ、この群馬4区は、世襲に批判的でない、政治家はもともと地元にいないものと思っている方が多いなど、政治家の地元活動においては寛大な土地柄と聞くので、他の地域の例はあまり参考にならないところもあります。

私は、皆さんの税金で歳費を頂き、また国会に送って頂いているので、選挙活動ではなく、一政治家の義務として、国会での活動内容を、HP、ブログ、活動報告のFAX、街頭演説、街宣などで報告しています。

駅頭は、最近では休会中はできたら毎日、開会中は週末プラスできたら月曜日を心がけてます。これは、1年目より2年目、2年目より3年目と回数が増えてきたのですが、それだけ報告することが増えてきたということです。話しているとついつい熱がこもります。

明日の原稿(といっても結局ほとんど見ないのですが)も出来上がり一段落。さあ、DVDを観ようと思ったら、夫が『ナルニア物語』でテレビを独占している(涙)

  2011.02.26
駅立ち終了

Ekidati26

駅立ちが終わり、一旦休憩。腰が悪いため、30分にしようと言っていた矢先でしたが、気

が付いたら1時間10分。自民党の小坂議員が通りかかり、手を振って頂きました。何の

会合があったのかな?気が付いたら、東京から到着した夫が2階のテラスから眺めていま

した。照れくさい。今日は心なしかいつにもまして聞いて頂いている方が多かったです。写

真のお願いや差し入れがあったり、有難い限り。民主党しっかりしてね、とは言われること

はごくまれにありますが、私に言ってもしょうがないと思ってかあまりお叱りはなし。民主党

Bチームだからでしょうか?私はそもそもこちらがAチームと思っているので、川内さん達

が『民主党Bチームの川内です』などと御挨拶で自虐的に笑いをとるのには抵抗があるの

ですが。

わずかな休憩のあとは街宣活動です。明日の国政報告会の案内もかねて、市内をまわり

ます。ウグイス嬢がいない三宅事務所は私がひたすらアナウンス。せっかく声が治ったの

に、またつぶれてしまいます・・・。

もうじき誕生日。これだけ忙しいのに誕生日の日だけ予定がない!!どーゆーことでしょ

う。例年夫はなぜか私の誕生日の日は勤務のことが多い。今年はどうだか聞いてみよう。

何をもらおうかな・・・。(私はあげてないけど貰えるだろうか)

母も明日の国政報告会には東京からきます。ある人のところにはオコゴトで立ち寄るか

も。怖い怖いうちの母。私もまともに話ができるようになったのは最近です。ホント、フツー

じゃない迫力です。

こう説明してもわかってもらえないのですが、若かりし頃は、田中真紀子さんとサッチーと

デビィ夫人と細木数子さんと和田アキ子さんを足して5で割って×10した感じ?大病をして

最近はすっかり丸くなりましたが、私の母に逆らえる人はこの世にはいない(汗)最近、母

が『ありがとう』というようになったのにはびっくりです。

  2011.02.26
いつも通りの週末です

高崎にて。
秘書3人が連合さん主催の研修会に出席のため、そこに御挨拶に伺ったあとは、終了までスタンバイ状態です。この後は、挨拶まわり、街宣、駅立ちといつものスケジュールです。

いまの間に昨日の予算委員会分科会の質問をチェック。相変わらず、下手だなあと反省、ただ、質問は大臣、副大臣にしているものの、その先にいるのは国民の皆さんであり、今回はその国民の皆さんにわかりやすい質問内容にしようと心がけたのですが、それは多少できたのかなと思っています。原稿を見ないようにしなければ。片山総務大臣は、ほとんどペーパーをみることもなく、さすがでした。

郵便受けを見たら、県議のちらしがいくつか。ああ、いよいよ間もなく地方選挙だなと今さらながら実感。中央の状況で、地方の仲間に迷惑をかけてはいけない。心からそう願います。ここにきて、民主党の内紛(と言われている出来事)はともかく、政策面では進捗のスピードがあがってきました。こうした民主党になってからの成果はしっかりアピールしていかなければいけません。それらは絶対に前の政権ではできなかったことばかり。私自身は、20年以上はたとえ民主党であっても一つの党が長く政権を取ってはいけないと思っています。長期政権による、しがらみ、利益誘導・・・そういったものは必ず起きてしまいます。

今の民主党が皆さんの期待に応えられていない、それは承知しています。では、野党はどうだろうか。健全野党の役割を果たしているだろうか。胸をはってこれをやったと言えるものがあるだろうか。解散を執拗に要求する谷垣総裁の自信の根拠が理解できません。小泉さんのような強力な個性・リーダーシップを持った人がいない状態なのに解散に打ってでて大勝するとでも、思っているのだろうか?

そう考えると、私たちが、この4年の任期中にしっかり仕事をし、そこでお約束通ご審判を頂くというのが望むべき形だと思います。まだ折り返し点にも達していません。選挙にはそれこそ、事業仕分けのお金など吹っ飛んでしまうほど税金がかかってしまいます。

  2011.02.25
今日も永田町は荒れ模様

本日の予算委員会の分科会。
野党の出席拒否により、質問時間が4時から3時に変更になりました。たかが1時間といっても、ぎりぎりまで加筆したりしているので焦ってしまう。バーゲンで購入した勝負服で質問に臨みました。質問が多岐におよび、すべてこなせるかなと心配でしたがなんとか時間ぴったりに終了。真摯にお答え頂いたおかげで終始、なごやかなムードでした。内容は衆議院テレビでご覧ください。

時間が早まったため、高崎での6時の会合に間にあうのではないかという話になり、会館の部屋にも戻らずそのまま東京駅へ。
あまり寝てなかったせいもあり、またまた乗り過ごす寸前でしたが秘書がホームまで来てくれていたので寸前のところでセーフ。今、重いものをもつのが禁止なのでホームまで来てもらっているのです。会合がいくつかあり、やっと自宅にたどり着いたところです。

ヘルシアを飲みながら一休み。
さあ、27日の国政報告の内容を詰めないと・・・。これが終われば一息つけます。文字通り一息ですが。
今週も駅立ちはしっかりやりますので、高崎駅西口にいらした方はぜひわずかな時間でも耳を傾けてくださいね。

  2011.02.25
予算委員会第2分科会にて質問

110225.jpg

  2011.02.25
再生への道は遠く

おはようございます。金曜日です。テレビを珍しくつけました。

ニュージーランドの地震は本当に痛ましいことです。毎日のニュースをみるたび安否がわ

かっていない方が心配でなりません。

遅勤だった夫は死んだように寝ていましたが、やっとさきほど起きだし朝食を作ってくれま

した。私は必死に資料の読み込みをしています。会館に行くと来客で集中できないので、

今日は遅めの出勤としました。たくさんの方に来て頂けるのは大変有難いのですが、なか

なか落ち着いて資料作成などができません。

会議が少ない代わり、終日、予算員会の分科会です。

昨日のパーティで、秘書がたまたまテレビクルーのテープのタイトルを見たら『松木けんこ

う吠える』とあったそうで苦笑してしまいました。辞任したばかりの松木さんは確かに思い

切った発言をされていましたが・・・。(罷免ではなく、辞職願が受理されよかったです)

帰り道、秘書と『なぜ、ここまで執行部は小沢さんを敵視するのか』という話題になりました

が、私には全くわからない。わかる人がいたら教えて欲しい。昨日の総理の国会答弁には

心底驚いてしまいました。マニフェストを小沢さん1人で決めれるわけがないし、そうでない

と聞いています。実際に関わった人は現在の執行部に近い人のはずですが、はっきりさ

せて欲しい。そしてその決定プロセスを国民の皆さんにお示しして欲しい。

案の定、代議士会の様子、菅総理の答弁はニュースになっています。『私たちは菅信子さ

んを選んだつもりはない』という同僚議員の意見は正論だと思いました。それに対しての

『文句があるなら自分が広報委員になればいだろう』というM議員の言葉はあんまりだと感

じました。そのおかげで一気に低俗な議論になってしまった。なりたくたって、なれないの

が民主党B(私はAと思っていますが)チーム。しかし、岡田幹事長の『ヤツ』呼ばわりもな

んといったらいいのか。一応、国会議員ですよ。新人でも。岡田さんは紳士的な方なので、よ

ほどストレスが溜まっていたのでしょうか?

薬害イレッサの件はかなりマスコミでも取り上げられました。NHKは、厚生労働省の『下書

き』を入手。もう厚生労働省内部から情報が漏れだしたということです。

毎日新聞の取材に対し、とうとう厚生労働省 佐藤室長は医療関係者に和解拒否の発表

前に(厚生労働省の意向に沿った)下書きを送ったことを認めました。また、受け取った側

の方は『頼んだ覚えはないのに送ってきた』と発言されています。

ここもまた焦点となってきます。議員連盟で、どうコメントを書いたらわからないと頼まれた

から送ったというのが役所の説明でした。医療のプロが『なんとコメントしたらわからない』

なんて相談するはずがないと思っていましたがやはり事実は違っていました。話が横道に

逸れてしまうのが嫌なのですが、これはガバナンス上の大問題。頼まれても、そういったも

のを和解勧告以後(以前もですが)送ってはいけない、医療関係者に誤解を受ける方法で

アプローチしてはいけないというのは、イレッサの問題以前に企業ガバナンスの問題。呆

れて開いた口がふさがらない。

またまた、長くなってしまいました。それでは、次は質問後に・・・。

  2011.02.25
夜から高崎です

やっと帰宅。珍しく24時を回ってしまいました。私は会合やレセプション以外飲みに出掛

けたりすることがめったにないので、日をまたぐとすごく一日が長く感じられます。

同僚女性議員のパーティの司会の後、(ゲストが河村市長と松木けんこうさんだったため、

マスコミが大挙して押し寄せてびっくり…松木さんはかなり踏み込んだ発言をされていまし

た)会館に戻り、今まで予算委員会分科会の質問の最終の詰めをしていました。何とか出

来上がり、再び大量の資料とともに、自室にこもっています。こういうときは、環境を変えた

ほうがいいので、きりがいいところで引き上げてきました。

去年に比べやけに簡単に当たったなあと思い、周囲に聞いてみたら申し込まなかった人も

多かったようです。解散風が吹いているからでしょうか?金曜日は私も地元に帰りた

い・・・。

16時の質問が終わったらすぐ高崎です。

とりあえず、司会は終わったし、明日の質問を乗り切れば、次は27日の国政報告会。こ

れは、もう土曜に集中的に内容は考えるとして目の前のことを片づけていく・・・。そういえ

ば、厚生労働委員会の質問ははずれました。悲しいような嬉しいような。すべての質問に

申し込む・・・が三宅事務所のポリシー。

それにしても、今日の本会議の菅さんの発言には、心底驚きました。子ども手当2万

6000円を小沢さんから聞いたときはびっくりしたと。与野党からやじが飛ぶのは珍しいこ

と。マニフェストを作った人たちが責任をなすりつけ合い・・・。人が転んでも、天気が悪くて

も今、すべて小沢さんが悪いという論調、びっくりは私たちです。菅さん!!びっくりした菅

さんにびっくりですよ。もう。

また代議士会でのもめごとと、その処理には驚きを禁じえません。『あとで僕の部屋に来な

さい』でいいのに、マスコミの前で醜態をわざわざさらすとは。学級崩壊と揶揄されても仕

方ありません。最初の意見は、極めてまっとうなものだと思います。菅さんの奥さんは素敵

な方、魅力的な方だと思いますが、政治家ではありません。その方が漫画で登場し、政策

を説明するのには抵抗があります。今、政策は漫画などではなく、真摯な形で説明すべき

時期なのです。 第一回とあったのが気になります。まさか・・・・。 

ではでは、今週もあと1日!!ガンバッ

  2011.02.24
質問準備中

おはようございます。
薬害イレッサは進展あり。
今日の朝日新聞をご覧ください。
議員連盟の会議で質問の口火を切らせて頂きました『最後のチャンスです。嘘をついていたら、あなたは責任をとりますね?』結局、やはり、医学関係者に指示をするコメントの『下書き』を送っていたことを厚生労働省は認めました。監督省庁がこう書いたらどうかという文面をたとえ、依頼を受けて(と厚生労働省の役人は言っている)出すのは一般常識から圧力をかけていたと見られても仕方ないでしょう。危機管理能力に著しく欠けた省庁であることは間違いありません。

一旦休み、引き続き勉強中。
質問のたびに徹夜になるので、けっこうきつい。もちろん、手を抜けば大した準備もせずにさらりと質問することもできます。これは、本人の心がけ次第。またスタッフが多ければ、調べ物など任せられるけれど、うちはそうはいかない。

今日は、木曜日。
小沢グループ、鳩山グループの会合が昼間にあります。派閥をなくすといったのに結局グループという形であるんだ・・・というのが当選後の感想。ただ、民主党の場合きっちりとしたものではなく、いくつかのグループにかけもちして入っている人もいます。

私は、小沢さんを支持する人と行動を共にすることが多いですが、政治的理念は鳩山さんに近いものを感じます。また、周辺の議員の方が好きなので政権公約を実現する会(鳩山グループ)の会合にでることもあります。あるグループは3回勉強会に出席すると、グループに入ったとみなすという規約だそう。気軽に勉強会もでれないんだ、と残念。
最近、自我に目覚めたのか、私は小沢ガールズでない、という議員がいますが、私は選挙で声を掛けて頂いたという意味では、ずっと小沢ガールズ。嬉しくも嫌でもありません。事実だから・・・。さっぱりしているんです、私は(笑)
ただ、私は小沢さんがやることは何でも正しいんだという盲信的な小沢信者ではないので、いつか意見の相違はでてくるかもしれません。ただ、この一連の事件(検察で2回の不起訴、検察審査会での強制起訴。党の処分、それにまつわるゴタゴタ)に関しては不条理を感じています。どこの世界に冤罪の(可能性が限りなく高い)仲間を処分する政党があるんでしょうか?

それは、さておき、野党のバーはどんどん上がっていき、今や解散しないと予算・予算関連法案には賛成できないとまで言いだしました。こんな事態も小沢元代表はとっくに予想していたこと。総辞職カードさえ使えなくなってきている・・・・。

今日は午後から本会議。2時間10分。
自殺対策PTもあります。こちらはでられないかもしれません。
遅勤だった夫を起こして朝食を早く食べ、準備をしよう。

  2011.02.23
松木政務官 辞表提出

昨日に引き続き、20時台に帰宅。
一つ違うのは、予算委員会分科会の準備のため、資料や本をどっさり持って帰ってきていること。

負のスパイラルで忙しくなっています。
大伯父が亡くなったとの知らせが入り、お通夜か告別式に伺う時間をひねりださなければいけない。父を一番かわいがってくれていた大伯父。必ず最後のお別れには行かなければ・・・。おまけに明日は仲良しの女性議員のパーティの司会。私は、司会はけっこう好きで頼まれるとほいほいと引き受けます。予定が入っていない限り断ることはまずありません。上手ではないですがアットホームでいいかなと。

今日の予定は。
情報通信WT(中座)→マレーシア国会議員との懇談会(中座)→日本維新の会(冒頭挨拶)→厚生労働委員会→カタール大使館と議員連盟の懇親会(遅刻)→雇用対策WT(中座)→薬害イレッサ会議→夜はブルネイ建国記念レセプションなど。
会議が数珠つなぎなのでどうしても中座になってしまう。
腰の状態がひどいため、イレッサの前に10分休憩を入れました。ソファーで10分腰を伸ばすだけで全然違います。元気なふりをするのも最近疲れて『痛いです』『よくなっていません』と素直に答えています。でも自分が悪いのはわかっています。だから絶対仕事は手を抜かない。

松木農林水産大臣政務官が菅総理に辞表を提出しました。
私は松木さんの行動を支持します。
なぜならもう抗議の方法は、もはやこういう形しかないから。
小沢元代表の処分は一見軽く見えますが本質はまったく違います。
代表選に出れないということが大きいのです。菅さんに投票した議員の中には地元で批判され、後悔している人もいます。
今、もう一度代表選をやったらどうか。
興味深いです。
国会議員票は変わるかもしれない。100年に一度の政治家、この混迷した日本の国難の時期にそれを救える人物がいるのに、その力を活用しないどころか、政治人生をこのような形で終わらせようとするなんてことは政治史の汚点になるし、そんなことはあってはいけない。このことを菅さんにわかってもらうにはどうしたらいいのでしょうか?

今日はこれにてブログは終了。
夫が夜勤明け1時半に帰ってくるまでに、仕事を片づけなければ。

  2011.02.23
第1回日本維新の会・Vデモクラッツ連合

110223_2.jpg

  2011.02.23
第5回薬害イレッサ問題解決をめざす民主党議員の会にて

110203.jpg

  2011.02.23
給料泥棒?

おはようございます。7時起床。いつもは6時なので少し遅めのスタート。この間の診察で

は30分は床の中で体を慣らしてから起きることとアドバイス頂きましたがせっかちな私に

は無理。

今日も委員会をはじめ、会議ラッシュではあるものの、予算委員会分科会の質問準備も

あるため、そちらの準備もしなければいけない。今、事務所は若干人出不足。お姉さん秘

書のMさんも手一杯。もう1人スタッフを雇いたいけれど現在の経済状態では無理。歳費

削減と一言で言いますが、政務三役になるまでは副業が認められている中で、今削減を

言っている人は実家が裕福で暮らすに困らない人。障害のある家族を抱えた私は議員年

金も2006年に廃止がきまり、(今まで掛け金をかけていた議員には減額になるものの支

給)歳費もどうなっているかいくかわからないなか、、将来に不安を感じます。ある群馬県

選出自民党議員の方が調べたところ、落選し生活保護を受けている元議員が驚くほど多

かったそう。諸外国の中で議員年金がないのは日本だけ。コピーも裏紙を使い節約に節

約を重ね、生活していても『国会議員は給料泥棒・・・BY米倉会長』(まあ、この発言は政

局に政府=菅政権がかまけているというご批判ですが)などと言われてしまう。私の資産

公開で書かれた住まいは、前の職場の時に購入したもの。議員になってから高額なもの

一切購入していません。大幅に生活レベルはダウンしました。厳密に言うと確かに歳費は

高いですが、サラリーマン時代と違い出るお金が桁違いに多いのです。しかし、私設秘書

も雇わず必要最低限の活動しかしなければ優雅な生活ができるのも事実。もっとも地元

の皆さんが事務所にいらして頂ける土日に休み、平日は6時には閉めてしまうのでは、サ

ラリーマン生活とかわらない。(最近は休みなく遅くまで働いていらっしゃるサラリーマンの

方が多いのいけないと思う。私たち国会議員は私の部分は捨て、国民の生活のため頑張

らなければいけないと思います。

在外公館の方によく秘書の数を聞かれますが、公設は3人と言うとまずたいへん驚かれま

す。アメリカなどは数十人のスタッフを抱えている事務所もあるそうで率直にうらやましいと

思います。費用に見合う、いやそれ以上の仕事をして国民の皆さんの信頼を得ることがま</