みやけ雪子タイトル

月別アーカイブ » 2010年12月の記事一覧

  2010.12.31
今年もあとわずか

一旦、休憩タイムです。

シャワーを浴び、気を取り直し、出陣します。

行くまではグズグズするのですが、行くと急に吹っ切れるのが私の性格。

四神社をまわり、皆さんに新年のご挨拶をし、お参りして来ます。また、高崎に戻ってきたら

今年はできるだけ多くの神社に行く予定です。

私の来年の願いは一つ。

国政においても、県レベルでも、些末な争いごとがなくなり、皆が天下国家についてそして

国民の生活に目を向けること。(当たり前すぎて言うのも嫌なんですが)

なぜか争い事を好む人もいますが、私はそれより先にやらなければいけないことが政治家に

は山積していると思います。

  2010.12.31
街宣途中経過

上野村は、雪景色。にもかかわらず、わざわざ窓を開けて手を振ってくださる方もいっらしゃ

り有難い限りでした。途中、支持者宅で昼食をとり、鬼石、藤岡経由で高崎に戻ってきまし

た。これから市内を回り、久しぶりの駅頭です。

この1年4カ月にできたこと、できなかったことのうち、報道では、できなかったことばかり報

道されていますが、できなかったことは真摯に反省し、反対に政権が変わってできたことなど

成果もアピールしていかなければいけません。

では、また行ってまいります。

  2010.12.31
大晦日

夫はおもちの食べ過ぎ(実は心配し陰で同行していた)、私は挨拶まわりで声が枯れ、二人で

苦しんでます。

今日は、1時間半かけ、上野村方面に行きます。

『スパモニ』ディレクターの方は妻子もちとのことで元旦まで仕事(実際は編集もあるので六日

放送まで)は気の毒。因果な商売ですね。

上野村から神流町、鬼石、藤岡というのが今日のコース。

暗くなる前に戻ってきて、高崎駅前での駅頭です。

その後、食事をはさんで4神社へ。早朝5時半から一つ会合に出席後、新幹線で上京となり

ます。

小沢邸新年会で密着取材終了。(といっても、なんだかんだと三が日も用事はあり)

小沢さんは、口をすっぱくして『地元日程優先して』とおっしゃります。

参加人数が仮に減っていても、それは、そういった事情からです。

とにもかくにも、Sさん、明日の朝までよろしくお願いします!

  2010.12.30
密着取材一日目終了

農業関係者の方々との懇談は和気あいあいで、楽しいひとときでした。

農業は国の基盤。GDPの何パーセントとかいう問題ではないと思います。日本人の『こころ』なんです。

その後は、高崎駅西口へ。いつものようにお客さんを待っている全てのタクシー運転手さんにご挨拶。

ずいぶん親しくなった方もおり、道ですれ違って、手を振ってくれたり。家族のように感じています。

一日の終わりは、いきつけのA。二日連続です。

休みで来ている夫もお店をすっかり気に入り、私を部屋に送り、店に戻ってまた飲み直しているほどです。

さあ、明日は遠出です。

休みなく付き合ってくれているスタッフに感謝!

Img_5479_2

農業関係者の方々と

  2010.12.30
今年もあと2日

朝はもちつきImg_0097_3からスタート。

昨日の挨拶回りの影響で声がガラガラ。密着取材があるのに情けない限り・・・。

こちらの支援者は、私の選挙戦でお嬢さんのさっこちゃんと街宣活動の最中に出会って以来 のおつきあいです。

今回の事故でさっこちゃんを泣かせてしまいました。本当に反省しています。

お父さまは、私が理想としている 地域コミュニティをまさに自然と実践されている方で、毎年のもちつきだけではなくなにかにつけ、近所の方が自然と多く集まってきます。

こういうのっていいなあ、と毎回お訪ねするたびに思います。

Img_5424_7の後は、グループホームをはじめ、ひたすら挨拶まわり。車に乗る、降りる、乗る、降りる。

実は乗り降りが一 番疲れます。一旦事務所で休憩。これから、農業関係者の方と懇談です。

明日が、かなりのタイトスケジュール。体力蓄え、元旦まで乗り切ります。

そうそう、今日のスポーツ報知に新ポスターの記事が掲載されていますので、よかったら見てください。

  2010.12.29
年末年始活動開始

挨拶回りに明け暮れた一日が終わりました。

明日から、三日間『スパモニ』の密着取材です。

スタートは支援者宅での餅つきです。

高崎に来てくれている心配性の夫が、「まさか、餅つかないよね?」

つきたくてもつけません(笑)

元旦の小沢邸新年会までの長丁場の取材になります。

そろそろ、週刊誌に選挙予想が載る様になりました。

当然のごとく厳しい予想ですが、私にとっては厳しい予想は想定圏内。

この時期に良い予想だと気が緩むからです。

よく、当選確実な政治家でも選挙の時、「あと一歩です。」と連呼しているのはそのため。

なにしろ、前回は無印→泡沫候補扱いでした。

初めて互角と書いてくれたのが、週刊文春。文春さん、忘れてませんよ(笑)

確か、開投票の十日程前だったでしょうか。

郵政選挙より厳しいと言われる次回選挙。

無敗記録更新中のカリスマ政策秘書Fとスタッフ、支援者の方々を信じて命懸けで頑張ります。

それにしても、悪い選挙予想がでる度、妙に嬉しそうに連絡してくるFって一体・・・・・・。(ガッツが沸くらしいです。)

Slow and steady win the game です。

  2010.12.29
高崎にて

一部の議員を除いて、大方がほっとした感のあった昨日の小沢元代表の決断。

しかし、どこまでもどこまでも、『小沢はずし』をしたい勢力はいるのでした。

その裏にあるのが、ちまたで報道されている大連立なのかどうかわかりませんが、一体な

にが菅総理、仙谷官房長官に政権交代の立役者である小沢元代表にそこまでの行動、

言動をさせるのでしょうか?『排除の論理』・・・自分がその当事者になったらと思うとぞっと

します。支持率は『小沢切り』をしても決して上がらない。仮に上がったとしても一時的なも

のでしょう。

私は同じ党の議員を批判することは避けていますし、そういう狙いの取材はお断りしてい

ます。同じ志を持った仲間だから当たり前のことです。嬉々として討論番組にでて身内の

批判をすることには嫌悪感を感じます。ちなみに、馬淵国土交通大臣の問責に関しては、

引き継ぎ間もない時期でもあり、私の目から見て馬淵大臣は最大限の努力をされたと思

います。そういう意味では、仙谷官房長官と同等に責任を負わされることは適当ではない

と考えます。

世論調査でも馬淵大臣の問責について賛成をするの意見は2割と大変低い数字でした。

このままでは、小沢さん問題の次は、問責、問責が終わったらまた次の問題ときりがなく

なるでしょう。岡田幹事長は大変な難題を抱え苦しまれていると思いますが、300人を超

える与党の幹事長ですから、事態の収拾をしっかり図って頂きたいと切に願います。

ではでは、引き続き、挨拶まわりに行って参ります。

  2010.12.28
急展開

午後には高崎に戻るはすが・・・。皆さんもご存知の通りの急展開。

会見を見届け、先程やっと地元に戻りました。

小沢さんは、何よりも国会の審議つまりは国民の生活のため、決断された。

このことをプラスに活かせるかどうかは岡田幹事長の手腕にかかってます。

『政治とカネ』だれが最初に言い出したかわかりませんが、私には違和感があります。

これまでは『政治と金』でした。なぜカタカナ?それは、金と書くにはやましい心の片隅の良心

がカタカナにしたのではと私は勝手に分析しています。

駅ビルで購入した鯖寿司を食べて、一息ついてます。

明日からまた、挨拶まわりです。

  2010.12.28
さあ、年末年始シフトです

おはようございます。

昨日から咳が止まらず困っていたのですが、風邪だったみたいです。ゴホゴホ。

病気も自己管理の一端と考えますが、政治家は不特定多数の人と接するのでどうにも避

けられない場面も多く、いかんともしがたいのがつらいところ。

朝の新幹線で高崎入り・・・のはずだったのですが、よく考えたらスタッフ全員が合同会議

のため東京に来ているため午後になりました。介助者が必要な身はつらい。いつも席まで

送ってもらい席まで迎えに来てもらうというリレー式です。夫は仕事の前に所用で外出。

明日から高崎に来るそう。

新しいポスターも完成し、新年から貼りだします。入院で6キロちょっと、その後、500グラ

ム、800グラム、300グラムと順調にスマートになりつつあります。小沢元代表いわく1キ

ロ1000票(ホントかな)。つまり、これもまた自己管理につながりますが、それができない

人はダメということで、太っていたらいけないということではないようです。私を全く信用して

いない政策秘書Fはしきりに、『リバウンドの前に撮影しないと』と言っていました。失礼な!

そういえば、皆さんは新聞の首相動静を見ることはありますか?官邸に行くとあれが本当

に正確だとわかります。9時57分…入る。10時…出る。非常に細かい。

よく報道されていますが、菅総理は同じ方と食事をする事が多いのが私も気になります。

通常、それはカムフラージュで実は要人と密会だったりするそうなんですが、そうではない

らしい。しかし、総理とは孤独なもの。夜ぐらい数少ない気を許せる人と一緒にいたいのも

わかります。

選挙については、地上戦と空中戦とよく言います。私は、駅頭も好きですが、コツコツまわ

るほうが自分に合っていると思います。『よくやっているね』と言われることもあれば、『ぜん

ぜん回っていないじゃないか』と言われることもあります。1人の方でも伺えないと、やはり

その方から見ると、まわっていないという見方になります。しかし、体は一つ。つらいところ

です。活動をしているのはまぎれもない事実。常在戦場です。国政もしっかり考え、地元も

支持して頂ける方を増やす。頑張らないと。

  2010.12.28
永田町仕事納め

事実上の会館の仕事納め・・・(といっても私の仕事は終わりませんが)ということもあり、慌

ただしい一日でした。午前中は所用でJICAへ。その後、会議・取材を済ませ、雇用対策WT

の視察に途中合流。新宿で職業訓練を見学させて頂きました。受講者の皆さんの真剣な

様子に、雇用対策にいっそう真剣に取り組まなければいけないという気持ちを強くした次第

です。

永田町は、目まぐるしく動いた一日でした。西東京市(菅総理のお膝元)の市議選の大惨

敗を受け、党内には動揺が走っています。閣僚クラスが応援に行くという異例の対応だっ

たのにも関わらず、現職5人のうち当選はたった1人、4人は落選という結果。当選者は3

人。しかも皆下位です。それでも、事態の打開策は小沢はずしといまだ考え、こだわる執行

部。政治倫理審査会の議決も決まりました。メンバーの私としては、今後の展開が気になり

ます。

夜は会合が3件。急遽開催が決まった小沢元代表との会合は当然参加。小沢さんは、あ

いかわらず達観したかのような冷静な様子でした。一切愚痴や批判めいた話もなく、ただた

だ選挙を心配されていました。小沢さんの口癖は『常在戦場』。今日も、『人のせいにしても

仕方がない。いつ、選挙があってもいいように地元活動を頑張れ』という言葉が印象的でし

た。それは、私がこの1年4か月自分に言って聞かせていたこと。アリとキリギリス、ウサギ

とカメのようにこつこつやってきたことがどう評価されるかにつきます。私は、まだまだやり

たいことがたくさんあります。

障害者行政、高齢者福祉(孤独死をなくす)、障がい者を含めた虐待の防止、雇用の

改善、バリアフリーの推進(国土交通省管轄)、精神疾病のある方の交通機関の割引制度

(国土交通省)、ホームレス支援、犯罪を起こした知的障がい者の再犯防止及び受け入

れの強化、自殺防止の対応策(菅政権になり、それまで減少していた数字が増加)、外交、

農業、財政金融・・・。

そのためには、永田町に必ず戻りたい、いや戻らなければならないのです。

それにしても、いつも『あれ、さっきいた?』と聞く小沢元代表。傷つくから止めてほしい

(笑い)『会議室で握手したじゃないですか』と突っ込み返しました。

最後の三宅事務所忘年会に参加していたら、めずらしく23時を回ってしまいました。お世

話になった方々と会費制のざっくばらんな場で、張りつめていた気持ちがいっきにほぐれま

した。自然と多くの人が集まってくれるようになった三宅事務所。来年は、そんな皆さん

に二度と心配をかけないことをお約束しました。

またまた、長くなりましたが、おやすみなさい!誤解されがちな私ですが、本当に仕事は

一生懸命まじめに取り組んでいます。どうぞ、応援してくださいますようお願い致します。

  2010.12.27
一晩明けて

おはようございます。

やはり・・・体が動かない。初めてコルセットをしたまま床についたものの、まったく効き目な

し。しかし、そろそろ準備に取り掛からなければ。

夫の手を借り、パソコンルーム(自室)に移動。痛み止めが効くまでしばらく我慢。

ブログがときに闘病生活の手記のようになってしまい恐縮ですが同じ経験をしている方

(いるわけないですね)の参考になれば幸いです。

そういえば、先日私の行きつけ定食屋Aの忘年会がありました。常連の私ももちろん短い

時間ですが参加。今回の事故の取材などでだいぶ迷惑をかけてしまいましたが、マスター

は変わらず応援をしてくれています。感謝!

ちょっとした家庭的な料理を出すAにはパーティなどで食事をしぞびれたときなどに寄り、軽

く食事をし、帰宅します。滞在時間は大体30分程度でお酒は飲みません。お気に入りはア

ジフライ。

『女性S』などは、わざわざ女性記者が東京から来たそう。『女性S』は、一番しつこく閉口し

ています。私のような新人議員にそこまでニュース価値があるのか不思議です。ちなみに、

私本人への直接の取材はなし。直接取材をすると不都合があるからかななどと邪推をして

しまいます。群馬で来るエネルギーを本人に取材する方に向けるのが本来の記者の姿で

はないか!と一応わずかながら記者経験がある私などは思ってしまいます。読者はまさか

本人への取材なしで書いているとは思っていないでしょうが、週刊誌の中には、そんなとこ

ろもあるのです。(だからといって、信頼関係が損なわれた今、取材に応じようとは思いま

せんが。)

今のような事実が、記事になると毎日飲み歩いている・・・となってしまう。たぶん、結果あり

きで、取材前に書く内容は決まっているんでしょう(ため息)。

ちなみにこのお店を開拓する前はファーストフード店などで食事を済ませることが多く、カロ

リーオーバー気味でした。お客さんが冗談でマスターに『赤ちょうちんを出しているからいけ

ないんだ』などと軽口を叩いていましたが、私は気にせず通わせて頂くつもり。だって、美味

しいんですもん。

笑ってしまうような話ですが、その記者はしっかり数杯飲んでいったそう。なんか、おかしく

ないですか?(笑い)でも、Aを気にいってくれたなら、ぜひ高崎に来た際はまた寄ってくだ

さい。

  2010.12.26
車中の会話

自宅に到着しました。明日は9時スタートです。少し夜更かしできます。

24ファイナルシーズンの10巻目を見よう!

今日は、昼過ぎまで小沢元幹事長の同行でした。

小沢元代表との15年近いおつきあいの中で、いつも感心させられることがあります。

それは、決して陰で愚痴や人の悪口をおっしゃらないことです。

私などに言っても仕方ないということもあるかもしれませんが、会合などで他の方が言って

いてもニコニコと聞いているだけ。先日の新人議員が小沢邸に集まった日もそうでした。

私も、見習いたいといつも思いますが、まだ未熟者なものでなかなか真似ができません。

ちなみに、移動の車の中では仕事の話は一切なし。(こちらがしても無反応・・・)いつも私

の家族の事を気遣ってくださり、色々尋ねてくださいます。『おばあちゃんは元気?何歳に

なった?』『お母さんは歩けるようになってよかったね』などなど。

ちなみに、こんな会話も・・・。

私 『今度、○○にシンポジウムに行くんですよ』

小沢さん『へえ、なんで』

私 『なんでって、福祉の話をしにですよ』

小沢さん『君の話を聞いてくれる奇特な人がいるの?』

私 『いますよ!』

小沢さん『聞かされる方は気の毒だね(笑)』

かけあい漫才のようですが、こんな調子でいじられています・・・。

小沢元幹事長の明るくほがらか、優しいところがもっと伝わってくれたらいいなあと思いま

す。マスコミ不信が会見での不機嫌な態度になってしまっているのが残念です。

  2010.12.26
告別式

小寺前知事の告別式に急遽、小沢元代表が来ることになり、ばたばたの一日でした。

突然の決定でしたが、ご遺族が喜んでくださり、本当によかったです。

私は送迎担当。付き添いが必要な私がアテンド、というのもよく考えたらヘンですね。

歩くのが恐ろしく早い小沢さん。思わず、出た台詞。『ゆっくり歩いてください!』

というわけで、足はガクガクですが、今夜中に東京に入ります。

去年はお休みを頂けた年末年始でしたが、本日無事?すべて予定が入りました。

元旦1時間でも、家族とおせちを食べたいのですが・・・。夫にどう説明しようか頭が痛いです。

政策秘書Fと夕方話をしていたのですが、葬儀はもちろん故人とのお別れをする場であります。

しかし、同時に今回は小寺前知事に最後の贈り物をして頂いたような気がしました。

葬儀をきっかけに、疎遠になっていた人とまた親しくなったり、対立していた人と話をせざるをえない状況で誤解が解けたりという話をよく聞きます。

私も今回そういうことを感じ、機会を与えてくれた小寺前知事にあらためて哀悼の意を捧げるとともに感謝の念を持った次第です。

  2010.12.25
寒さに震えて

昨日の高崎は、格段に寒かったです。

寒さに震えながら、挨拶まわり。

上州は皆さん本当にあたたかい方ばかり。

体を気遣ってくださり、恐縮します。政策秘書Fには、退院したらつらいことがたくさん待ってい

るから覚悟するようにと言われていましたが、実際は逆でした。

やはり、冬の寒さは傷に響きますが、すべては自分の責任。

痛みに耐え、頑張ります。

夕刻は小寺前知事のお通夜に参列させて頂きました。

お写真を見て、やはり人の上に立つ方はお顔立ちが違うとつくづく感じました。

目力も違います。しっかりと日本の将来を見据えていらっしゃったその姿勢が表情に歴然と

表れています。

群馬県は大変な宝を失いました。本当に残念でなりません。

  2010.12.24
週末から高崎へ

おはようございます。メリーークリスマス!です。

本日24日は、夕方まで東京。打ち合わせ、挨拶関係をこなし、夕刻もしくは明日朝高崎へ

入ります。

25日、26日は、小寺前知事の通夜・告別式。県民に慕われ、先見性があり、後世に残る

県政を行った小寺前知事。私たち県選出の国会議員はもちろんのこと、類まれなる方を失

ったことを県民の多くが悲しんでいることでしょう。

周囲から「あせらず、あせらず」ということを強く言われています。この時期に無理をして、

後遺症は残っても半年後誰も同情しないよ、と先輩議員からもきついお叱りを受けました。

確かに、復帰後の私は「2倍、3倍仕事します」の言葉通り、大変焦っていました。

役所からのヒアリングなどで一カ月の遅れはだいぶ取り戻せたものの、無理が響き術後

の経過はあまり芳しくありませんでした。反省し、細心の注意に努めた結果、先日の検査

では症状の悪化はくいとめられたわけです。あと、残り2か月が大事となります。この2カ月

に転倒が数回なければ、安定します。あと少しの我慢。仕事量は減らさずに、「省エネ」で

頑張ります。

好きな読書の話を少し。

秘書Aから貰った『群馬の逆襲』と和歌山の阪口議員から借りた『心にかける橋』を交互に

読んでいます。私の読書法は、いつも数冊をかばんに入れておき、並行して読むやり方で

す。阪口議員は、国連でボランティア経験が1年あり、この本は、そのときの経験を本にし

たものです。『群馬の逆襲』は、群馬の隠れたベストセラー。県別のブランドランキングで

下位の常連となってしまっている群馬県ですが、名産や観光地はたくさんあります。しか

し、4人も総理を輩出した県(山口県に次ぎ2位)であることは知られていても、群馬がどこ

にあるかも知らない人は多い。県選出国会議員としては、群馬のよさを宣伝しなければと

熱い使命感に燃えています。

朝食は、夫がオレンジを持ってきてくれました。栄養に気を遣ってもらっているので体調も

すこぶる良好。食生活の管理が本当に大事だということは、入院して実感しました。といっ

ても我慢してばかりだと息がつまるので、お昼はあまり気にせず食べています。しかし、胃

がすっかり小さくなってしまったのか、多くは食べられくなってしまいました。政策秘書Fはよ

ほど私を信用していないらしく、リバウンド前にと(失礼な!)とポスター撮影をさせられまし

た。名刺にも使用するので年明けから新しい写真入り名刺となります。2009年の出馬が

何しろ小選挙区全国最後だったこともあり、本当に慌てて撮影したポスターだったので撮

り直しは実は素直に嬉しい。

さあ、そろそろ準備に取り掛かります。

皆さんもいい一日を!!

  2010.12.23
障害者雇用を考える

Jpg

日本理化学工業の忘年会は、去年と同様楽しいものでした。(写真右は大山会長です)

本日は、韓国のテレビ局KBSの取材が入っており、私もコメントを求められましたが、この

会社の素晴らしさは単に障害者雇用率が高い(約70%)というだけではなく、大山会長の

障害者雇用に関しての概念です。人を仕事に合わせるのではなく、仕事を人に合わせる。

できそうでできないことです。

障がい者を雇っても、健常者以上の働きをしてもらう工夫をすれば企業の負担にならない

のです。

社会的責任(CSR)という意識がまだ経営者の中に浸透していない日本では、やはり景気

の悪化が障害者雇用に大きな影響を与えます。ですので、大山会長のような考え方は、

画期的と言えます。

現在、日本理化には見学者が年間3000人も訪れるそうです。福祉関係者だけでなく、企

業の人事担当者にこそ、現場を見て頂きたい。

また、大山会長はこうおっしゃってます。

人間の究極の幸せは、

・人に愛されること

・人にほめられること

・人の役にたつこと

・人から必要とされていること   

この四つ。

日本理化学工業に勤めている障がい者は皆幸せそうです。

  2010.12.23
夜更かしした朝

今日は朝がゆっくりということで、昨日は遅くまで24ファイナルシーズンの5の続き、6を観

ていました。この1年あまりですっかり遅れをとってしまい、悔しい(笑)。以前は、レンタル開

始後即チェックしていたものですが。24はもちろん『グレイズアナトミー』『CSI』『クローザ

ー』『プラクティス』『ボーンズ』などがお気に入り。医療・クライム、法廷サスペンスが好みで

す。最近は、TSUTAYAにもいけない不自由な身。これは、怪我のせいではなく、地元で

自転車で返却に行く姿を見た知人に『夜中徘徊している』と言われたため。すれ違った時挨

拶をし、『ビデオを返しに行くんですよ』と説明したのですが・・・残念なことです。こうしたこと

も私の人徳の足りなさゆえと思うようにしています。

夫はゴルフ。私の怪我以来、好きなゴルフや草野球を一切絶っていたため、久しぶりだと

嬉しそうにでかけて行きました。それも、私が困るだろうと車を使わず電車で。どこまでも優

しい夫です。

11時なったら、川崎に向かって母と知人と出発。知的障害を持っている弟の勤めているチ

ョーク工場の忘年会です。今回は、韓国のKBS(日本のNHKのような放送局)の取材が入

るそうです。海外でも、障害者雇用に力を入れている大山会長の姿勢に感銘し、それを視

聴者に伝えたいという海外のマスコミの方がでてきたのは嬉ばしいこと。放送が、そして反

響が楽しみです。

障害者雇用の速報データを把握していないので、そろそろ役所に聞かなければ、雇用の悪

化がどう響いているのか。私が委員会で質問させて頂いた、教育委員会はどうなったのか

(なんと、全国で法定雇用率を達成していたのは6県のみ(当時))→長妻厚生労働大臣が

改善を指示。ぎりぎりの達成だった厚生労働省は全国の見本になるべくきちんと数字を伸

ばしたのか。雇用の悪化により弱者から切り捨てることはあってはいけない。弱者こそ企業

は守っていくべきと考えます。余談ですが、現在の細川大臣は心優しい人望のある方で

私も大好きですが、やはり委員会に長妻さんの姿がないのは寂しい。長妻さんは民主党

が政権を取ったまさに立役者。あの年金問題がなかったら政権をとることもなかったはず。

馬淵さんもしかり。そういった方が内閣の中にいなくなることがあってはいけないと思うので

す。

そういえば、『朝○○』は川内議員と辻恵議員が出演されたそうですが、観ていた方による

と司会・コメンテイターから総攻撃だったそう。そんなことにはめげない論客の二人なので

言い負かしたのではと思っています。二人が出るんだったら行ってもよかったな。

話はかわりますが、『三宅雪子はソ連(当時)スパイの家系』との書き込みをしている方が

いますが、言うまでもなく、事実ではありません。007じゃあるまいし(笑)

祖父が日ソ議員連盟の会長だったことや、レフチェンコ事件などを根拠にしているのかもし

れませんが、先日も佐藤優さんと会話したところ『100%違う』と力強いお言葉でした。当時

も当局の調べなども一切ありませんでした。また、父さえも一緒にされているようですが

、父は役所ではアジア・アフリカ・中近東畑。ロシア関係の課に所属をしたこともなければ、

そもそも一度も赴任すらしていません。私自身のことはともかく家族の名誉を傷けることは

マナー違反だと強く感じます。せっかくのコミュニケーションツール、早くマナーが確立され

安心して使えるものになって欲しいと思います。私はネットはニュース以外見ないのでたま

に注意を頂いたときに目にする程度。法に触れるものは通報します。この辺はドラスティッ

ク。単に興味があるんです。どういう方がどういう理由で嘘の情報を流すのかなあと。

さて、そうこうしているうちにもう8時。スローペースで準備を始めようと思います。皆さま、

いい休日を!(お休みでない方はごめんなさい)

それでは、DVDの続きを見ながら、ゆっくりと準備を始めます。

  2010.12.22
会合がない夜

今日は1年に何回あるかわからない、会合がない夜でした。

6時過ぎに仕事は終了。まっすぐ自宅に帰りました。なんだか、自宅に帰っても落ち着きま

せん。夕食はポークジンジャー。夫に今日一日の業務報告。

とはいうものの、昼間は忙しかった!

9時の厚生労働部門会議に始まり(大紛糾)、イタリア大使館の方と面会(日本の政治情勢

について懇談、英語です!)→八ツ場ダムの件で、国土交通省へ→大畠大臣室で昼食会

(なぜか経済産業省部門会議でないのにお呼び頂き)→観光振興議員連盟(川内博史会

長いつも通り大はりきり)→党幹部の方と打ち合わせ・・・あまり、会期中と変わりません。

話は逸れますが、夕方打ち合わせをしたこの幹部は、立場が上にも関わらず、私の体を気

遣い部屋まで足を運んでくださった上(永田町の常識ではありえません)、1時間に渡り、話

を聞いてくださった上、適切なアドバイスを下さり、また、暖かく励ましてくださいました。現

在の混沌とした状況で、立場が異なるにも関わらずです。お名前を明かせないのが残念で

すが、このように、民主党が内輪もめをしているように見えますが、それは本当に上の上の

方だけの話(だからいけないともわかっていますが)。中堅以下の現場では、いがみあいや

確執などありません。抗議もあくまでも岡田幹事長に対してです。

そういえば、近く遠方にシンポジウムで行きます。昨日、なんとか主治医の先生の了解

を取り付け、事務所のOKももらい、あとは最大の難関、夫のみです。まあ、ダメと言われて

も行くんですが(笑い)最近は、怪我、入院の負い目があり、まったく逆らえないので、どう

説得しようか頭が痛いです。ちなみにこのブログは見ていないので大丈夫(なはず)。

日頃から、福祉の件であれば、全国どこでも行きますと宣言している私。コルセット姿という

状態ではありますが、少しづつ、活動範囲を広げて行こうと思います。

今日は政策秘書Fの姿を一度も見ませんでした!クレームの電話を入れたら、数回会館に

顔を出したと苦しい言い訳。どうも私の会議中を狙って席に戻っているらしい。放浪癖が

あるFなので、あまり深追いせずに今日は放置。緊急のときは、橋本(きよひと)先生の事

務所、田中美絵子さんの事務所、松木けんこう先生の事務所、原口一博先生の事務所

と探しに行きます。このあたりで大体発見されます。

本日発売の小沢さんの『一兵卒になりました』菓子は、テレビで紹介されたこともあり、早く

も飛ぶような売れ行き。私も慌てて4個購入しました。イラストがかわいく笑ってしまいま

す。国会へお越しの際はぜひお土産にどうぞ。

ああ、長くなりました!ではでは、皆さま、いい夢を。おやすみなさい。

  2010.12.21
悲しい知らせ

帰宅致しました。

本日は、悲しい知らせがありました。小寺前群馬県知事の訃報です。

一緒に参議院選挙を戦ったばかりでしたのに、驚くとともに大切な方を失った喪失感で一

杯です。心からご冥福をお祈り申し上げます。

党内のゴタゴタは気になるものの、珍しく、落ち着いて仕事ができた一日でした。

時限立法であるホームレス支援法やバリアフリー新法についてなどについて調べたり、詳

しい先輩議員に話を聞いたり。ホームレスについては、野宿者という定義そのものが現状

に則していないので、ここから変えなければいけません。また、精神疾病の方の交通機関

の優遇制度が現在されていないことも問題です。しかし、これは仮に総合福祉法が平成

25年に施行されても、割引については事業者側の判断であり、行政がどこまで強制でき

るかなど課題も多く、議論が必要です。

病院の検査結果も問題なしで、とりあえず一安心。私の大きな仕事?の一つはとにかく転

ばないこと。転ぶ度に8本のボルトに負荷がかかるので、厳禁なのです。

先日、転んだ後は、しばらく痛みが引かず、大変でした。

苦手な『・・ズバ』から明日の出演依頼があり、現在モノ申したいモードの私は、マスコミはし

ばらくでないという掟を破り、スタジオ生出演に一瞬傾きかけましたが・・・。この番組は、ス

タッフがなぜかいい人ばかりなので、申し訳ないのですが。

それにしても、ついに泥沼に入り込んでしまった全民主党議員。敵も味方も皆沈む時は一

緒に沈むのです。自分だけは沈まないと思っている議員がいるとしたら大間違い。この状

況からもう誰も逃げ出すことはできない。菅総理に懸命な判断を切に願うしかないので

す。

  2010.12.21
運命の鍵を握る17人

毎日やはり気になるのは、政治倫理審査会のこと。

野党自民党が出席をしない方針をほぼ固めたことで、また事態が混沌としてきました。

果たして、審査会自体が開かれるのか、またそこで小沢元代表の出席に関して採決される

のか、結果、議決されるのか否決されるのか。

どっちに転んでも、民主党に得るものはありません。岡田幹事長は越えてはいけない一線

を越えようとしています。早く目を覚まして欲しい、国民の生活はどこにいったのでしょう。

毎日官邸で、身内の、しかも検察で不起訴、きわめて無罪になる可能性の強い議員の首

の差し出し方を党の幹部が相談しているこの異様さ。仙谷官房長官を強硬に守る姿勢との

間のギャップに違和感を感じるのは私だけでしょうか?

話は変わりますが、このブログのタイトルは、『ONとOFF』。これは、SONYの元社長の出井

伸之さんの著書から拝借したわけですが、結果的に選挙から事故での入院まで『OFF』が

ほとんどなかったため、国会や地元活動の話が中心のブログとなりました。出井さんは、お

そらく当時日本でも5本の指に入るぐらい忙しい方だったはずですが、著書によると、そん

な多忙な日々の中でも、ゴルフを楽しみ、オペラを鑑賞し、時にHMVに立ち寄りCDをまとめ

買い。とても人生を楽しんでいらっしゃるわけです。SONYという会社の性質上、そうした

OFFの時間があってこそ、次の仕事のアイディアが湧かないという側面もあったかもしれま

せん。私は、あと1、2年ほどスポーツもできませんし、旅行も出張以外は必要最小限、温

泉などにも行かれなくなったわけですが、そんな生活の中でも、ささやかな楽しみを見つけ

ていきたいと思います。海外ドラマフリークなのは、会社員時代からですが、しばらく遠ざか

っていた読書を復活致しました。今は、『群馬の逆襲』という本を読んでいます。なぜか、県

のブランドランキングで群馬はいつも下位(最下位のときも)。群馬県選出の国会議員で群

馬のいいところをたくさん知っている身としては、とても納得できる結果ではありません。群

馬県の宣伝に努め、ランキングの上位を狙いたいと思う今日この頃です。

  2010.12.20
今日も一日終わりました

今日は、会館に午後に入り、ばたばたとしているうちに、あっという間に夕方に。

夜は、日本弁護士連合会主催の『あるべき障がい者基本法改正』のシンポジウムでご

挨拶をさせて頂いた後、同僚議員のパーティ(ここにも馬淵大臣が!まめな方です)、カタ

ール大使館主催の建国レセプションと駆け足で移動。家で夫が食事を待っていてくれてい

たので、急いで帰宅しました。

無理しなくていいのに・・・と言われることもありますが、私は営業あがりの義理人情派。お

誘いを受けたものは極力伺います。やはり人間関係は基本中の基本。

今日は、家に週刊誌の記者が取材に来たとのこと。会館にいるのになぜ、わざわざ家に?

と不思議ですが、こわーい(ホントです)うちの夫に撃退された模様。今年の顔ですって。

嫌だな・・・。しかし、ポジティブシンキングの私は今は気分を切り替え、、珍しくステーキ(超

小ぶり・・・)を頂き、くつろいでいます。24もフアイナルシーズンの6まで来ました。

政治倫理審査会の問題も泥沼化してきました。私はなんとよりによって、17人いるうちの

民主党のメンバーの一人です。

今日は、菅ー小沢会談が行われましたが、会談は不発に終わりました。最初から、こうした

結果が予想されたのに会談がなぜセッテイグされたのか謎です。無計画と言わざるを

得ません。一国の総理である菅さんをも傷つけたことになります。

私は、代表選以来、選ばれた菅さんを批判しない姿勢を取り続けていましたが、この問題

だけは別です。小沢元代表の人権問題にも関わるからです。私は、すでに法廷の場

に移ったこの問題を同じ党の人間がいまさら持ち出し、政倫審を開こうとしていること自体

にも反対ですし、もちろん小沢元代表におかれては出席の必要がないと考えます。

がらっと話は話は変わりますが、今年は私が怪我をしたからということで、夫がクリスマス

の飾りつけを家じゅうにしてくれました。やはり明るい気分になります。

その一方、クリスマスもお正月も寂しく過ごす人もいる・・・皆が明るい気持ちで年を越せる

世の中にしなければと思います。

  2010.12.20
緊迫の1週間の始まり

昨日の山形での柴田雅章元秘書主催の勉強会は盛況に終わり、また心配されて

いた往復5時間の強行軍もなんとか乗り切ることができました。

さあ、また新しい週の始まり。まだ万全な体調でないため、駅立ちも再開できて

いませんが、何とか年内には駅頭で元気な姿を地元の皆様にお見せしたいと

思っております。

これから、会議、会合のため、東京に向かいます。

体調を心配し、休みを利用し昨晩から駆け付けてくれた夫が付き添い役です。

仕事以外の時間をすべて私のために割いてくれている夫には、感謝をしても

しつくせない思いです。

離婚秒読み、などと書いた週刊誌にこうした姿を見せたいくらいです。

しかし、度々このブログでも書かせて頂いている通り、私には雑事に

関わっている時間はありません。

中央では、残念ながら、まだ政治倫理審査会の問題などで皆様に

ご心配をかけております。

今は内輪もめをしている時期ではない。私は、この国難の時期を党一丸となり、

国民の生活が第一、その気持ちを忘れずに国政に邁進していかなければ

いけませんと考えています。

  2010.12.19
高崎に戻りました

金曜の会合後、高崎に入りました。やはり、地元に入るとほっとします。

昨日は駆け足で腰を気遣いつつ、挨拶回りをしました。

お詫び行脚で驚いたのは、まれにお酒が今回の事故の原因と思っている方が

いらっしゃることです。

ある方がおっしゃったという、お酒、薬、ツイッターなどは全て関係がありません。

ただ、バランスをくずしたことによる事故でした。

確かビール一杯、チューハイ一杯、マッコリを少し飲んだだけでしたが、

お店のママがテレビ朝日のインタビューに『三宅さんは酔ってなかったよ』と

答えてくれていたおかげで、だいぶ誤解が解けました。

とはいうものの、不注意で事故を起こし、皆さんにご心配ご迷惑をおかけした

のは申し訳のないこと。

戒めの意味を込めて、現在は禁酒を守っています。

ところで、地元に戻ると問題山積で、頭が痛いというのが正直なところですが、

入院以来、小さいことが気にならなくなった私。超然と構え行動をしています。

群馬4区の支部長として、民主党の内輪もめには、国民も県民もうんざりして

いると思うと、ほんとうに申し訳ない限りです。

今は、一丸となって国民のために仕事をしなければならない時期なのに…。

そういえば、ツイッター仲間の多くから、そろそろツイッターの復活をと、

望んでくださる声が聞こえて来るのですが、環境を整えて、ストレスに

ならないように、もう少し落ち着いたら復活をしたいと思っています。

今日は山形に出張です。私の元秘書の政治活動を応援する為ですが、

退院以来はじめての遠出になります。

また、腰をいたわりつつ頑張ってまいります。

  2010.12.16
師走の日々

きょうは一段と強い痛み。

実は昨日、会館ロビーで転んでしまったのです。

私が入院中、憶測による記事に驚かされ、困惑し、悲しい気持ちになった話はこのブログ

でも書きました。その最たるものが写真週刊誌(及びスポーツ紙)でした。取材対象が入院

中なので記事にならないのではと、マスコミ出身の私でさえ考えてしまったのですが、最近

の一部マスコミにおいては、記事というものはまるで小説のように出来上がってしまうので

す。

ということで、会議に向かう途中、写真週刊誌のI記者を発見した私は、恐怖のあまりとっ

さに逃げようとし、転んでしまったのです。ちなみに、この記者は、一連の記事を担当、ま

た公務復帰の日、渡されたお見舞いのとんかつサンド(好物)を好意と思い受け取ってしま

った私を『ずうずうしい』と書いた人。

今回も、その後、『わざと転んだのでは?』と言っているとも聞きましたが、まさか・・・。ボル

トが8本入り、転び方によっては大変な事態になる可能性だってある状況で、わざと転ぶ

などもちろんあり得ません。ああ、こんなアクシデントも彼の手にかかると悪意のある記事

にされてしまうのかな・・・?金曜日、記事をチェックしよう。

こんな日々を過ごしていると、マスコミ不信になりそうですが、そんな中にも取材対象を理

解しようと努力し、一生懸命真実を知らせようとする記者はいます。決して馴れ合いではあ

りません。実際、書かれるときは書かれます。そして、公人である私は、正当な批判は受

けて当然と思っています。

うちの事務所にはいつもたくさんの記者の皆さんが来てくれます。議員である私というよ

り、事情通の政策秘書Fと欠かしたことのないお菓子類が目当てのようですが(笑い)

居心地がいいと言われるのが嬉しい。忙しい記者さんたちの憩いの場になってくれたらい

いなと、私は来てくれる方は皆大歓迎。(一部除く(笑い))いつもわいわい、にぎやかで活

気のある三宅事務所。私の自慢の事務所です。

さてさて、今日は成長戦略の会議からスタート。日中は会議が4件、夜は会合が3件。

何を言われようとも仕事をしていることだけは事実。ぜひ、ぜひご理解くださいませ。

  2010.12.16
反省の日々

うちにはめざまし時計がなく、いつも夫に起こしてもらい、私の一日は始まります。

『おはよう?』の挨拶が、『腰は痛くない?』に変わりました(笑)

朝は、寝ているあいだ同じ姿勢でいるせいか、一番痛みが強いのです。

今回の事は私の不注意から起きたこと。

痛くても、それは神様が与えた罰と思いじっと耐えています。

不思議なもので、いざ仕事になると気持ちが引き締まるのか、ぴたりと収まります。

一昨日は、税制改正PT(プロジェクトチーム)総会からスタート。

議題は、『平成23年度税制改正についてのヒアリング』でした。

私も意見を述べる機会を頂きました(中小企業に対しての税制、証券優遇税制に

ついてなど)国会開会中は、所属している厚生労働委員会の関係のPT、WT、会議

の数が非常に多く、他の会議に出席することが難しいため、少し余裕ができる休会

中は色々な会議に顔をだそうと思います。

閉会中は、基本的に地元優先ですが、ここ数日は会議や会合が多く、東京日程と

なっています。

地元の皆様、ごめんなさい。

静かに反省の日々を過ごしているつもりですが、最後の会合が小沢邸での

新人議員の集まりだったため、またまたカメラの放列の前に出てしまうことに。

まさか、放送はないだろうと思っていたら、しっかりとニュース23他に映って

いたとのこと。『オザワ』であれば、なんでもニュースになる昨今。

昨日のスケジュールはお昼の厚生労働部門会議を皮切りに日中は会議が5件、

夜は会合が7件あり、かなりハードな一日になりました。

さすがにすべて出席は不可能なので、優先順位をつけざるをえません。

余談ですが、馬淵国交大臣は、色々なところにこまめに顔をだされていて、

律儀な人柄を感じさせます。

  2010.12.14
緊迫した一日

今日は、朝一番で高崎から上京。午前中は政治倫理審査会の勉強会でした。

午後は皆さんご存知の通り、民主党役員会問題で党本部にて岡田幹事長と

面会をしました。

私達が訴えたのは、今、政治倫理審査会を開くことの意味のなさと挙党一致。

申し入れの甲斐あってか役員会では議決にならず、幹事長一任と振り出しへ。

まあ、一息ついたといったところです。

しかし、こんなことは断じて続けていてはいけない。

休会中でも仕事はたくさんあるのです。

明日は夜の会合がなんと四件もあるということもあり、今日は主人と自宅で

水いらずの夕食です。メニューはハンバーグ。病院食に慣れた身にとっては

何でも美味しい!

それでは、明日も皆様にとって幸多き一日となりますように。

(13日のブログです)

  2010.12.12
緊急投稿

本日、民主党役員会が開かれ、小沢元代表に対する処遇が話し合われようとしている。

その内容次第では日本の政治史の汚点、民主党の終わりの始まりになるということに、果たして党幹部は気づいているのだろうか。

ここ数日の国民不在の動きには、率直に言って絶望感すら感じる。

検察というれっきとした日本の法的機関で不起訴になった事実に関しては、あえて語らないが、検察審査会の結果を受けてすでに法の場に移っている案件において、身内の政治家に対して異常なほどの執念をもって、国会の場に引っ張りだし、葬り去ろうとしていることの罪深さを感じて欲しい。

100年に一人の政治家を私たちは今、日本の将来のためにも守らなければならない。

そうしなければ、日本にも民主党にも未来はない。
      

  2010.12.12
地元での活動を再開しました

一ヶ月半ぶりに高崎に戻ってまいりました。

感慨深いものがあります。

土曜日から、地元会合に出て挨拶をしました。

大勢の女性を前にちょっと緊張しました。

その後は、ひたすらお詫び行脚です。

まだ、事故についてはお酒が原因ではないかと誤解をされていた方もいますが、ご説明するとご理解くださいます。 地元の皆さんとお会いできるのは嬉しい限りです。

夜は同期の群馬一区宮崎たけし代議士のパーティーに出席しました。

長妻前厚生労働大臣がゲストだったということもあり大盛会でした。

  2010.12.09
反省の気持ちを忘れずに

臨時国会は閉会しましたが、平成23年度の予算案をつくる為に、

打ち合わせやレク、議員連盟の会合などなど、なにかと予定はびっしりです。

政策秘書Fも優しかった一ヶ月の顔はどこへやら、以前の厳しさに戻りつつ

あるようです。

皆様にご迷惑をおかけした一ヶ月間の遅れを取り戻すためには、当たり前の

ことですが、全力投球で頑張って行かなくてはなりません。

今までと違うのは、会議から会議へ走って移動できなくなったことと、夜の会合

が多い時期で、だいたい何件かははしごになりますが、お酒は飲まずに早い

帰宅を心掛けているということです。

入院中、政治経済、福祉関係を中心に35冊ほど本を読みました。(マイケル・

サンデルの『これからの正義の話をしよう』はよかったです。)色々な政策の

アイディアや行きたい視察場所を書き留めた私のメモ帳はびっしりです。

反省の気持ちを忘れずに、しかし、前向きに年末まで疾走します。

  2010.12.06
お詫びと反省からの再スタートです。

皆さん、こんばんは。長らくご無沙汰をしてしまいました。

この度は私の不注意による事故で、多くの方々に大変ご迷惑をかけ、

また公務に支障をきたしましたことを深く反省しております。

先月末の仕事復帰以来、病院からの国会勤務でございましたが、五日

無事退院することができました。

入院中は、当然厳しく叱責を受けるべきところを、逆に温かい励ましを

頂きましたことに心からお礼を申し上げます。

そのことが、奇跡的ともいえる短期間での回復に繋がったといっても

過言ではありません。

一方で、一部報道に関しては、全く思いもよらない事ばかりで困惑し、

ただただ心を痛めておりました。

こうしたことも私が退院したことで自然と誤解は解けていくことと考えています。

しばらくは、頻繁にブログを更新することができないことと思いますが、

できる限りの情報発信はしていきたいと思っています。

今朝は、東京駅で毎年開催されている知的障害者施設の作品展示会

に足を運びました。私の弟がお世話になっていました施設です。

不自由な体ではありますが、休会中も福祉現場を中心に農業問題など

にも取り組み、現場主義で頑張っていこうと思います。

どうぞ、よろしくご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。

トップページ:Home
プロフィール:Profile
活動報告:Activity Report
お知らせ:Information
雪子の“DO MY BEST”:Official Blog
ご支援のお願い :Next Challenge Support
<   2010年12月   >
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このウェブサイトは三宅雪子事務所が主体となり作成・運営しています。
このウェブサイトの運営には政治資金は使われておりません。
コンテンツ内で使用する三宅雪子本人のイラストの著作権は「漫画の新聞」にあります。
※転載、引用をご希望の方はinfo@miyake-yukiko.comまたは下記事務所までご連絡ください。
[三宅雪子事務所] 〒108-0074 東京都港区高輪2-16-38 秀和第2高輪レジデンス302
Tel.080-4966-8838 Fax.03-5422-8187
Copyright (C) 2011 miyake-yukiko.com All rights reserved.

 
アクセスカウンター